コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中村流 なかむらりゅう

3件 の用語解説(中村流の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中村流
なかむらりゅう

日本舞踊の流派。 (1) 芝翫派 流祖は3世中村歌右衛門。文化~文政年間 (1804~30) の歌舞伎の名優で,所作事 (舞踊) を得意とし,3世坂東三津五郎と人気を競った。4世中村歌右衛門も『六歌仙』『三社祭』『靫猿』などを残した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

なかむらりゅう【中村流】

日本舞踊の流派。
三世中村歌右衛門を流祖とする流派。芝翫しかん派。
江戸歌舞伎の振付師中村弥八に始まる流派。弥八・虎治派。
中村富十郎を祖とする流派。中村流本伝。
初世中村勘三郎を祖とする流派。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

中村流
なかむらりゅう

日本舞踊の一流派。中村流を称するものには五つの系統があるというが、主要な二つをあげる。
(1)中村歌右衛門(うたえもん)系 流祖は3世中村歌右衛門(1778―1838)。2世家元は流祖の門弟4世歌右衛門。3世は2世の養子4世中村芝翫(しかん)。4世は3世の養子5世歌右衛門。5世は4世の長男5世中村福助。6世は5世の弟6世歌右衛門。7世は5世長男の7世福助(現7世芝翫)。
(2)中村弥八・虎治(とらじ)系 流祖は明和(めいわ)・安永(あんえい)期(1764~81)にかけて活躍した中村弥八(1703―77)という。男性は弥八、女性は虎治を継ぐ決まりで、2世家元は流祖の娘が中村虎治となる(2世中村仲蔵(なかぞう)の妻)。3世家元は2世の養子で弥八を継いだが早世。4世家元は2世家元の門弟が養女となり、2世虎治を襲名。5世家元は初世虎治の門弟の娘で、3世虎治を襲名。6世家元は3世虎治の門弟で、4世虎治を襲名。7世家元は4世虎治の姪(めい)で、5世虎治を襲名(1887―1968)。8世家元は5世虎治の娘小虎が6世虎治を襲名(1907―1988)。6世虎治没後、その弟中村小十郎が流派の代表者となったが、彼もまもなく没した。その後は青森在住の門弟が7世虎治を継ぎ、活動している。なお、4世虎治は市川粂八(くめはち)一座の女役者中村歌吉(歌昇)である。近年は目だつ活動がない。[如月青子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の中村流の言及

【日本舞踊】より

… 振付師から出た流派では,志賀山万作を流祖とする志賀山流,江戸の振付師藤間勘兵衛から出た藤間流,西川仙蔵を祖とする西川流,幕末期から明治にかけて活躍した初世花柳寿輔が開いた花柳流,若柳吉松の若柳流や,市山七十郎の市山流等がある。また俳優の家から出たものに3世中村歌右衛門を初世とする中村流があり,同じ中村流を名のるものに,初世中村富十郎を祖とするもの,中村弥八(1703‐77)を祖とする虎治派,3世坂東三津五郎より出た坂東流があり,そのほか水木流,岩井流,市川流,尾上流等がある。さらに新舞踊からも新流派はあり,藤蔭流,五条流,林きむ子(1886‐1967)の林流,西崎緑の西崎流がある。…

※「中村流」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

中村流の関連キーワード日本舞踊日舞本舞台藤間西川扇蔵(10代)坂東三津栄藤間小伊勢藤間藤太郎藤間麗樹《絵本舞台扇》

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

中村流の関連情報