コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中部大学(読み)ちゅうぶだいがく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中部大学
ちゅうぶだいがく

私立大学。 1938年三浦幸平が創立した名古屋第一工学校を母体として,62年中部工業短期大学を設立,64年工学部をおく単科大学として中部工業大学が発足。 84年新たに経営情報と国際関係の2学部を設置,現校名に改称した。 97年には人文学部を増設,4学部体制となっている。入学定員は 1720名 (1997) 。 71年大学院を設置。総合工学,産業経済,国際地域などの研究所を有する。所在地愛知県春日井市松本町

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

中部大学
ちゅうぶだいがく

私立。1938年(昭和13)に設立された名古屋第一工学校が起源。同年に発足した学校法人三浦学園(2004年「学校法人中部大学」に名称変更)により、1964年中部工業大学として設立された(1984年現在の名称に変更)。当初は工学部だけであったが、2010年(平成22)時点で、人文学部、国際関係学部、経営情報学部、工学部、応用生物学部、生命健康科学部、現代教育学部の7学部、大学院4研究科を置く。学内に設置した11の研究支援センターは産官学連携を先導し、TLO(技術移転機関)の支援拠点として企業や行政との共同研究を推進している。建学の精神は「不言実行――あてになる人間の育成」。所在地は愛知県春日井(かすがい)市松本町1200。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

中部大学の関連情報