コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

丹波焼 たんばやき

6件 の用語解説(丹波焼の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

丹波焼
たんばやき

兵庫県篠山市今田 (丹波国) で焼かれる陶器。室町~江戸時代前半に盛んに行われ,現在でも植木鉢,徳利,茶器,土管などが焼かれている。初期の桃山時代以前のものは「古丹波」と呼ばれ,胎土があらく,鉄分が溶けて茶褐色の自然釉となって現れている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

たんば‐やき【丹波焼】

兵庫県篠山市今田(こんだ)町上立杭(かみたちくい)・下立杭を中心に産する陶器。古くは須恵器系で、桃山時代以降は施釉(せゆう)陶が主流となり茶器も制作。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

丹波焼【たんばやき】

兵庫県篠山市今田町立杭(たちくい)付近の焼物。立杭焼とも。平安末期ころに瓷器(しき)系陶器の影響を受けて中世窯となる。鎌倉末期ころより独自の形態をとるようになり,なかでも室町期の青緑色の自然釉(ゆう)のかかった大壺などが著名。
→関連項目今田[町]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

たんばやき【丹波焼】

兵庫県多紀郡今田町立杭(たちくい)周辺で焼かれている陶器で,立杭焼とも呼ばれる。中世には小野原荘に属したことから,桃山以前の古丹波をかつて小野原焼と呼んだ。その源流は摂津北部の須恵器生産にあると思われるが,平安末ころ東海地方瓷器(しき)系陶器の影響を受けて中世窯に転換した。中世窯跡は今田町南東山中の三本峠,太郎三郎,源兵衛,床谷,稲荷山の5群が知られるのみで,窖窯(あながま)であるが窯体構造は明らかでない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

たんばやき【丹波焼】

兵庫県篠山市今田町に産する陶器の総称。日本最古の窯の一。桃山時代以後茶器を多く産した。江戸初期、小堀遠州の好みによるものを遠州丹波という。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

丹波焼
たんばやき

兵庫県を代表する陶窯。その開窯は平安末期(12世紀後半)までさかのぼるとみる説もあるが、鎌倉時代(13世紀)に愛知県常滑(とこなめ)焼の影響のもとに三本(さんぼん)峠窯が築かれており、以後の活動は古窯址(し)によって検証されている。これら中世初期の窯は篠山(ささやま)市の旧今田(こんだ)町域に集中しており、三本峠のほか太郎三郎(たさうら)、源兵衛(げんべえ)山、床谷(とこらり)、稲荷山(いなりやま)窯が知られている。「古丹波」ともよばれる当時の作は、赤銅色に焦げた素地(きじ)に濃緑色の自然釉(ゆう)がかかった質実な大壺(つぼ)に特色がよく示されており、今日声価が高い。桃山時代(16世紀後半)を迎えると作陶は大きく変化し、築窯(ちくよう)法もそれまでの穴窯(あながま)にかわって蛇窯(へびがま)(丹波特有の登(のぼり)窯)が導入された。これら初期の登窯は、やはり篠山市の釜屋(かまや)と下立杭(しもたちくい)に発見されている。他窯よりもだいぶ遅れて茶壺(ちゃつぼ)、茶碗(ちゃわん)、茶入(ちゃいれ)、花入れなどの茶具が焼かれ始めているが、秀作は少ない。江戸初頭には近世丹波焼独特の赤土部(あかどべ)釉が開発され、灰釉、黒釉とあわせて日用雑器を主としたが、一部に茶器も焼かれ、遠州好みの遠州丹波とよばれるものも焼造した。1654年(承応3)には登窯の経営を請け負う窯座(かまざ)制も開始されて丹波焼特有の生産組織ができあがった。そして生産量の増大につれて1798年(寛政10)には上立杭、下立杭、釜屋に窯が分立し、100メートルを超す大窯も築かれ、白地鉄絵、鉄泥を流しがけした墨流し、白化粧法などの新技法も加わった。この時期が「中丹波(ちゅうたんば)」とよぶもっとも華やかな時代である。現在は立杭を中心に、瀟洒(しょうしゃ)な茶器のほか徳利などの飲食器や民芸品が焼かれている。[矢部良明]
『河原正彦著『陶磁大系9 丹波』(1975・平凡社) ▽立原正秋・林屋晴三監修『探訪日本の陶芸8 丹波他』(1980・小学館)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

丹波焼の関連キーワード丹波立杭焼伝統産業会館今田〈町〉兵庫県篠山市今田町上立杭兵庫県篠山市今田町今田兵庫県篠山市今田町今田新田兵庫県篠山市今田町下立杭篠山〈町〉清水吟次郎清水鶴吉丹波石

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

丹波焼の関連情報