コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

主水司 シュスイシ

デジタル大辞泉の解説

しゅすい‐し【主水司】

律令制で、宮内省に属し、宮中飲料水や醤(ひしお)・粥(かゆ)・氷室(ひむろ)のことなどをつかさどった役所。もいとりのつかさ。もんどのつかさ。

もいとり‐の‐つかさ〔もひとり‐〕【主司/司】

しゅすいし(主水司)
すいし(水司)

もんど‐の‐つかさ【主司】

しゅすいし(主水司)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

もいとりのつかさ【主水司】

令制の宮内省所属の官。天皇,皇后や朝儀などに供する飲料水,手水,饘(かたかゆ)・粥(しるかゆ)(今日の飯・粥),氷をつかさどる。職員は正(長官),佑(判官),令史(主典)各1人,水(氷)部(伴部)40人,水(氷)戸(品部)など。《延喜式》には守御井も見える。後宮には水司,春宮坊には主漿署もある。令制以前には伴造の水取(もいとり)氏などと部民の水取部がある。水部は水取氏や鴨氏などの負名氏(なおいのうじ)から任じられた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

しゅすいし【主水司】

律令制で、宮内省に属した官司。水・粥かゆ・氷室のことをつかさどった。もんどのつかさ。もいとりのつかさ。

もんどのつかさ【主水司】

もいとりのつかさ(主水司) 」に同じ。 「 -立春のわかみづを献る/太平記 24

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の主水司の言及

【主水司】より

…令制の宮内省所属の官司。天皇,皇后や朝儀などに供する飲料水,手水,饘(かたかゆ)・粥(しるかゆ)(今日の飯・粥),氷をつかさどる。職員は正(長官),佑(判官),令史(主典)各1人,水(氷)部(伴部)40人,水(氷)戸(品部)など。《延喜式》には守御井も見える。後宮には水司,春宮坊には主漿署もある。令制以前には伴造の水取(もいとり)氏などと部民の水取部がある。水部は水取氏や鴨氏などの負名氏(なおいのうじ)から任じられた。…

※「主水司」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

主水司の関連キーワード水取司・主水司八木[町]賀茂氏主殿寮小正月入色人安福殿主水若水

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android