久米南町(読み)くめなん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

久米南〔町〕
くめなん

岡山県中部,旭川の支流誕生寺川流域にある町。 1954年弓削 (ゆげ) 町と誕生寺 (たんじょうじ) ,竜山 (たつやま) ,神目 (こうめ) の3村が合体して発足。中心集落の下弓削はかつては備前と備中を結ぶ津山街道 (現国道 53号線) の宿場町として発展。割箸洋傘などの工場がある。谷底平野では,米,野菜,カキ,吉備高原ではタバコ,ブドウ,マツタケを産し,和牛,ブタの飼育も行われる。労働運動の先駆者である片山潜の出身地。誕生寺は法然上人の生誕地。 JR津山線が通じる。面積 78.65km2。人口 4907(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

4低男子

女性が結婚相手に望む理想の男性像の一つ。「4低」は、女性に対して威圧的な態度を取らない「低姿勢」、家事や子育てを分担して妻に依存しない「低依存」、堅実な仕事に就きリストラに遭うリスクが少ない「低リスク...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

久米南町の関連情報