久米南町(読み)くめなん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

久米南〔町〕
くめなん

岡山県中部,旭川の支流誕生寺川流域にある町。 1954年弓削 (ゆげ) 町と誕生寺 (たんじょうじ) ,竜山 (たつやま) ,神目 (こうめ) の3村が合体して発足。中心集落の下弓削はかつては備前と備中を結ぶ津山街道 (現国道 53号線) の宿場町として発展。割箸洋傘などの工場がある。谷底平野では,米,野菜,カキ,吉備高原ではタバコ,ブドウ,マツタケを産し,和牛,ブタの飼育も行われる。労働運動の先駆者である片山潜の出身地。誕生寺は法然上人の生誕地。 JR津山線が通じる。面積 78.65km2。人口 4907(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

久米南町の関連情報