コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

久隔帖 きゅうかくじょう

2件 の用語解説(久隔帖の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

久隔帖
きゅうかくじょう

最澄が空海のもとにいた弟子の泰範にあてた自筆書状。泰範を通じて空海に返信をしたため,あわせてその著書の借覧を請うた行書の書簡。弘仁4 (813) 年 11月 25日の日付がある。紙本。冒頭に「久隔清音」とあることから久隔帖と呼ばれる

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

久隔帖
きゅうかくじょう

書跡。伝教大師最澄(さいちょう)の手紙。国宝。奈良国立博物館蔵。書き出しの「久隔清音……」(久しく清音を隔て……)から最初の2字をとってこの名でよばれる。京都・高雄山寺(神護寺(じんごじ))の空海(くうかい)のもとで修行している最澄の弟子泰範(たいはん)にあてたもの。「弘仁(こうにん)四年(813)十一月二十五日」の年記により、最澄47歳の執筆と知る。文面は、空海より贈られた詩に唱和するにあたり、空海の詩のなかに不明な語句がみられるので、その大意を聞いて知らせてほしい、とある。また、「法華梵(ほっけぼん)本」(梵字の法華経)を手に入れたので、持参のうえ御覧に入れたいと書き添えている。手紙の謹厳なる書きぶりからみて、空海の目に触れることを意識しながらしたためた一通であろう。平安前期の仏教界を指導した最澄と空海の2人が、親しい交友関係にあったことを物語る手紙である。端正にして自然なその筆致は、中国の書聖王羲之(おうぎし)の書に範を求めたものであり、三筆(さんぴつ)(空海・嵯峨(さが)天皇・橘逸勢(たちばなのはやなり))の書に並ぶ名筆である。[久保木彰一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

久隔帖の関連キーワード泰範風信帖金剛峯寺弟弟子虎皮下直弟子空海の風景聖十字旗のもとに経珍智泉

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone