コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

久隔帖 きゅうかくじょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

久隔帖
きゅうかくじょう

最澄が空海のもとにいた弟子の泰範にあてた自筆書状。泰範を通じて空海に返信をしたため,あわせてその著書の借覧を請うた行書の書簡。弘仁4 (813) 年 11月 25日の日付がある。紙本。冒頭に「久隔清音」とあることから久隔帖と呼ばれる。国宝。王羲之の正行を学んでしかも清浄の気が漂う名跡。奈良国立博物館蔵。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

久隔帖
きゅうかくじょう

書跡。伝教大師最澄(さいちょう)の手紙。国宝。奈良国立博物館蔵。書き出しの「久隔清音……」(久しく清音を隔て……)から最初の2字をとってこの名でよばれる。京都・高雄山寺(神護寺(じんごじ))の空海(くうかい)のもとで修行している最澄の弟子泰範(たいはん)にあてたもの。「弘仁(こうにん)四年(813)十一月二十五日」の年記により、最澄47歳の執筆と知る。文面は、空海より贈られた詩に唱和するにあたり、空海の詩のなかに不明な語句がみられるので、その大意を聞いて知らせてほしい、とある。また、「法華梵(ほっけぼん)本」(梵字の法華経)を手に入れたので、持参のうえ御覧に入れたいと書き添えている。手紙の謹厳なる書きぶりからみて、空海の目に触れることを意識しながらしたためた一通であろう。平安前期の仏教界を指導した最澄と空海の2人が、親しい交友関係にあったことを物語る手紙である。端正にして自然なその筆致は、中国の書聖王羲之(おうぎし)の書に範を求めたものであり、三筆(さんぴつ)(空海・嵯峨(さが)天皇・橘逸勢(たちばなのはやなり))の書に並ぶ名筆である。[久保木彰一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

久隔帖の関連キーワード書の鑑賞近衛家煕

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android