コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

乙二 おつに

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

乙二
おつに

[生]宝暦6(1756).陸前,白石
[没]文政6(1823).7.9. 白石
江戸時代後期俳人。本名,岩間清雄。別号松窓。白石城下千手院の住職俳諧は父麦蘿に学ぶ。作風は重厚温和。著書『箱館紀行』 (1810) ,『斧の柄』 (11) な

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

おつに【乙二】

[1756~1823]江戸後期の俳人。陸前白石の人。本名、岩間清雄。別号、松窓。権大僧都。重厚で独自な俳風を確立。「乙二七部集」「松窓乙二発句集」などの編著がある。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

おつに【乙二】

1756‐1823(宝暦6‐文政6)
江戸後期の俳人。姓は岩間,通称は清雄,松窓号す。奥州白石の人。1803年(享和3)江戸に出て成美巣兆,道彦と交わり《はた芹(せり)》を刊行。1810‐13年(文化7‐10)の北海道滞在をはじとし,越後などに旅を重ねる。芭蕉,蕪村を慕った化政俳壇の雄で,誠を重んじ,作風は感覚的また重厚閑寂である。没後《乙二七部集》が編まれた。〈夏霧にぬれてつめたし白い花〉(《松窓乙二発句集》)。【田中 道雄

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

乙二の関連キーワード帝国国策遂行要領市原多代女岩間乙二島谷子行夏目成美吉川五明高梨一具塩田冥々今泉素月市原多代高橋一具松井溶々屏風土代鈴木松嵐亘理乙二平野平角夢物語多代女綿打ち乙に

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

乙二の関連情報