コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

乙二 おつに

4件 の用語解説(乙二の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

乙二
おつに

[生]宝暦6(1756).陸前,白石
[没]文政6(1823).7.9. 白石
江戸時代後期の俳人。本名,岩間清雄。別号,松窓。白石城下千手院の住職。俳諧は父麦蘿に学ぶ。作風は重厚温和。著書『箱館紀行』 (1810) ,『斧の柄』 (11) など。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

おつに【乙二】

[1756~1823]江戸後期の俳人。陸前白石の人。本名、岩間清雄。別号、松窓。権大僧都。重厚で独自な俳風を確立。「乙二七部集」「松窓乙二発句集」などの編著がある。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

乙二 おつに

岩間乙二(いわま-おつに)

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

おつに【乙二】

1756‐1823(宝暦6‐文政6)
江戸後期の俳人。姓は岩間,通称は清雄,松窓と号す。奥州白石の人。1803年(享和3)江戸に出て成美,巣兆,道彦と交わり《はたけ芹(せり)》を刊行。1810‐13年(文化7‐10)の北海道滞在をはじめとし,越後などに旅を重ねる。芭蕉,蕪村を慕った化政俳壇の雄で,誠を重んじ,作風は感覚的また重厚閑寂である。没後《乙二七部集》が編まれた。〈夏霧にぬれてつめたし白い花〉(《松窓乙二発句集》)。【田中 道雄】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

乙二の関連キーワード竹田出雲(2代)ブラック八ツ場ダムの6都県の負担金石鎚山脈乙二岸駒ゴドウィン祖母山竹田出雲間重富

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone