乙宝寺(読み)おっぽうじ

百科事典マイペディアの解説

乙宝寺【おっぽうじ】

新潟県胎内(たいない)市にある新義真言宗智山派の寺。本尊大日如来行基(ぎょうき)開創と伝え,《法華験記》に猿の願により三島郡の乙寺の持経者法華経を書写したとの話は当寺のこととされる。室町前期まで乙(きのと)寺とも称した。三重塔重要文化財

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

乙宝寺の関連情報