コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一触即発 イッショクソクハツ

デジタル大辞泉の解説

いっしょく‐そくはつ【一触即発】

ちょっとれればすぐに爆発しそうなこと。危機に直面していること。危機一髪。「一触即発の国際情勢」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いっしょくそくはつ【一触即発】

〔「ちょっとさわっても爆発しそうな状態」の意から〕
ちょっとしたきっかけで大事件に発展しそうな危険なさま。 「両国の関係は-の状態にある」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

一触即発の関連キーワード二・二六事件/蹶起趣意書ロバート グリフィスティペカヌーの戦いヘレン タミリスダモクレスの剣九月三〇日事件おもな四字熟語米国の戦略核社会的緊張一・壱・壹三十年戦争サモア問題慶安事件コソボ地雷原冷戦両国即発状態

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

一触即発の関連情報