一触即発(読み)いっしょくそくはつ

四字熟語を知る辞典「一触即発」の解説

一触即発

ちょっとさわると、すぐ爆発しそうであるから、小さなきっかけですぐある事態が発生しそうな危機に直面している様子。

[使用例] まさに一即発のこの時、天は絶妙な劇作家的手腕を揮って人々を驚かせた[中島敦*光と風と夢|1942]

[使用例] この夫婦は〈略〉口汚く罵り合った事さえないすこぶるおとなしい一組ではあるが、しかし、それだけまた一触発の危険におののいているところもあった[太宰治*桜桃|1948]

[類語] 危機一髪

出典 四字熟語を知る辞典四字熟語を知る辞典について 情報

デジタル大辞泉「一触即発」の解説

いっしょく‐そくはつ【一触即発】

ちょっと触れればすぐに爆発しそうなこと。危機に直面していること。危機一髪。「一触即発の国際情勢」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「一触即発」の解説

いっしょく‐そくはつ【一触即発】

〘名〙 ちょっとさわると、すぐ爆発しそうである意から、小さなきっかけですぐある事態が発生しそうな危機に直面しているさま。
※光と風と夢(1942)〈中島敦〉五「方に一触即発のこの時、天は絶妙な劇作家的手腕を揮って人々を驚かせた」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android