コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

亀倉雄策 かめくらゆうさく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

亀倉雄策
かめくらゆうさく

[生]1915.4.6. 新潟,吉田
[没]1997.5.11. 東京,中央
グラフィック・デザイナー。日本大学第二中学校卒業後,新建築工芸学院に学ぶ。1938年名取洋之助が主宰する日本工房に入社,海外向けの広報誌『NIPPON』のアート・ディレクターとなり,芝浦モートルのポスターで注目される。第2次世界大戦後は日本のグラフィック・デザイン第一人者として,1951年原弘らと日本宣伝美術会を創立,1970年の解散までその中心となる。1961年芸術選奨,1966年ワルシャワ国際ポスタービエンナーレ芸術賞,1967年同金賞,1980年紫綬褒章,1991年文化功労者など多数表彰を受けた。主要作品はカメラのニコン東京オリンピック競技大会のポスター,日本電信電話 NTTシンボルマークなど。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

亀倉雄策【かめくらゆうさく】

グラフィック・デザイナー。新潟県生れ。新建築工芸学院卒。1938年日本工房に入社し,対外宣伝誌《NIPPON》のアート・ディレクターとして活動。1951年日本宣伝美術協会創設に参加,1960年には原弘らと日本デザインセンターを創設するなど,第2次大戦後の日本のグラフィック・デザイン界で主導的な役割を果した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

亀倉雄策 かめくら-ゆうさく

1915-1997 昭和-平成時代のグラフィックデザイナー。
大正4年4月6日生まれ。戦前,雑誌「NIPPON」のアートディレクターをつとめ,昭和26年日本宣伝美術会,35年日本デザインセンターの設立に参加。東京・札幌五輪や大阪万博のポスター,NTTシンボルマークで知られる。58年朝日賞,平成3年文化功労者。平成9年5月11日死去。82歳。新潟県出身。新建築工芸学院卒。著作に「離陸着陸」「曲線直線の宇宙」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

亀倉雄策
かめくらゆうさく
(1915―1997)

グラフィック・デザイナー。新潟県生まれ。少年期から雑誌『中央美術』や美術書を愛読する。日本大学第二中学時代にカッサンドルのポスターにふれ、グラフィック・デザイナーを志す。その後、エル・リシツキーのフォトモンタージュやバウハウスなどヨーロッパの新しいデザインと芸術に傾倒する。1938年に土門拳の紹介で名取洋之助と出会い、同氏主宰の日本工房に入り、英独仏西4か国語併記のグラフ誌『NIPPON』のアート・ディレクターを務める。51年、日本宣伝美術会(日宣美)の創立に参画する。その後、日本のデザイン界の第一線で指導的な役割を果たし、80年には紫綬褒章(しじゅほうしょう)を受賞する。さらに89年には、リクルートから『Creation』を創刊し、94年(20号)まで続いた。91年(平成3)文化功労者。97年5月12日、心不全のため死去。おもな作品に「東京オリンピックのポスター」(1964)、「大阪万国博覧会ポスター」(1967)などがあり、また著作には『日本の庭』(伊藤ていじ・岩宮武二との共著)、『亀倉雄策のデザイン』(1983)などがある。[村田 宏]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の亀倉雄策の言及

【名取洋之助】より

…同工房はすぐに内部対立で分裂したが,彼は第2次〈日本工房〉を再建,同年10月からは海外向け日本宣伝雑誌《NIPPON》を発行し始める。同誌はデザイナーの山名文夫(やまなあやお),亀倉雄策(1915‐97),カメラマンの土門拳などのスタッフによる,質の高い視覚的なグラフ雑誌であった。戦後は《週刊サンニュース》(1947),《岩波写真文庫》(1950)などを編集・企画し,ジャーナリストとしても活躍するとともに多くの写真家たちを育てた。…

※「亀倉雄策」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

亀倉雄策の関連キーワードグラフィックデザイナー富山県立近代美術館グッドデザイン賞東京オリンピック名取 洋之助土門拳記念館桑沢 洋子田中 一光山城 隆一山際 俊夫亀倉 雄策永井一正河野鷹思田中一光三木淳早崎治村田

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

亀倉雄策の関連情報