コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

二年生植物(読み)にねんせいしょくぶつ(英語表記)biennial plant

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

二年生植物
にねんせいしょくぶつ
biennial plant

種子が発芽して越年し,花や果実をつけてその年のうちに枯死する植物。一年生多年生に対する語。秋まき農作物のムギ,アブラナなどがその例である。同一種の草でも,秋にまけば二年生となり,春にまけば一年生のものもある。また何年も続く宿根草でも,園芸上,株を更新したほうがよいものは,一年生または二年生として扱うことも多い (アリッサムニオイアラセイトウなど) 。また,種子をまいてから満1年以上を経て初めて花が咲くもの (ジギタリスなど) を二年生と定義する立場もある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

にねんせいしょくぶつ【二年生植物】

越年生植物」に同じ。
発芽から、結実して枯死するまでに、満二年を要する草木。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

二年生植物
にねんせいしょくぶつ

発芽して開花、結実するまでの期間が、もっとも短くて2年かかる草本植物。一年生植物、多年生植物に対する用語であるが、他の二つの用語との区別はあまり明確ではない。一年生植物は地上部の成長に最大のエネルギーを使うが、二年生植物は初めはロゼット葉のみをもち、地下部に光合成産物を蓄えておく。やがて植物が十分な大きさに成長すると抽薹(ちゅうだい)(とう立ち)を開始し、開花結実する。抽薹を開始するにはロゼットの大きさが一定のサイズに達していることが必要で、その植物の齢(れい)には無関係である。一年生植物は、二年生植物と同様、人為的攪乱(かくらん)などの多い立地に侵入する先駆性の種が多い。[大澤雅彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android