コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

抽薹 ちゅうだい bolting; seeding

4件 の用語解説(抽薹の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

抽薹
ちゅうだい
bolting; seeding

ロゼット型の短い茎に温度や日照の変化によって催花が起り,同時に節間部が急速に伸長すること。これにより植物の花茎はぬきんでてくる。いわゆる「とうが立つ」現象である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ちゅう‐だい〔チウ‐〕【抽×薹】

植物の茎が、日照時間や温度の変化により、急速に伸びること。とうだち。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ちゅうだい【抽薹】

植物の花茎が急速な節間伸長をすること。とう立ち。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

抽薹
ちゅうだい

ロゼット型成長をしていた植物が、日長や温度などの環境刺激に反応して、急速な茎(節間)の伸長成長を始めることで、「とう立ち」ともいう。越年性長日植物に多くみられ、抽薹に伴って花芽形成もおこり、開花に至る。抽薹は、内生の植物ホルモンの量的変化に対応している。ジベレリン投与によって、非誘導条件下で一般に抽薹をおこさせることができる。[勝見允行]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

抽薹の関連キーワード気流ウオークインクロゼットクロゼットシュミゼットロータリークロゼット泥棒はクロゼットのなか猫はクロゼットに隠れるロゼット洗顔パスタウォークインクロゼットロゼット (rosette)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone