二重盲検法(読み)にじゅうもうけんほう(英語表記)double blind method

  • double blind test
  • にじゅうもうけんほう〔ニヂユウマウケンハフ〕

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

正しくは「二重盲検方式に基づく同時対照試験」という。医薬効果を客観的に検定する方法の一つ。被検者を2つのグループに分け一方のグループには試験を,他方のグループには,外見や味が同じで,薬効と無関係なプラシーボ (偽薬) を与え,どちらのグループにどの薬を与えたかは,医師,被検者ともにわからないようにしておき,結果を推計学的に判定する方法である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

薬の効果を客観的に評価するための方法。効果を判定しようとする薬と偽薬または、対照薬を被検者に無作為に与え、また効きめを判断する医師にもいずれの薬であるかを伏せて使用させてテストすること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

暗示作用など心理的影響を避けて薬効を正しく評価するために、患者および医師の双方に治験用薬と偽薬(プラシーボ)の区別を知らせず、第三者である判定者だけがその区別を知っている薬効の検定法である。比較試験法の一種で、比較される薬の製剤の外観、味、におい、重量、粘度などが相互に識別不能であることが望ましく、また日本では普通、直接に評価に関係しない第三者(コントローラー)が割り振りを行い、緊急時以外はその内容は公開されないことになっている。
 なお、普通は患者側、ときに医師側のみが投薬内容を知らされないときは単純盲検法とよばれる。[幸保文治]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の二重盲検法の言及

【医薬品】より

…つまり,適応症に対する有効性と安全性が検討される。(c)第3相試験 この試験には比較試験と対照を置かずに多数の患者を対象とした拡大臨床試験があり,前者には単純盲検試験single blind testと二重盲検試験double blind test(二重盲検法ともいう)がある。これらのうち,現在は二重盲検試験が最も科学的評価に耐えうる試験とされている。…

【偽薬】より

…また,プラセボ効果がよく現れる人と現れない人がいる。偽薬を用いて薬物の効果を判定する方法として二重盲検法がある。なお,placeboは元来ラテン語のplacere(喜ぶ)の未来形である。…

※「二重盲検法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報