コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

二重瞼 ふたえまぶた

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

二重瞼
ふたえまぶた

上眼の下縁付近に横に走る溝がみられるもの。これに対して溝のみられない場合を一重瞼という。人種特徴の一種で,コーカソイドニグロイドと比較するとモンゴロイドでは出現頻度は低い。しかしモンゴロイドでも,年齢が進むにつれ増加する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ふたえ‐まぶた〔ふたへ‐〕【二重×瞼】

上瞼にひだがあって二重になっていること。また、そのもの。ふたかわめ。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ふたえまぶた【二重瞼】

瞼にひだがあり二重になっているもの。ふたかわめ。重瞼。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

二重瞼
ふたえまぶた

眼瞼(がんけん)(瞼(まぶた))の自由縁にほぼ平行して走る上眼瞼溝の存在により上眼瞼が二重にみえるものをいう。上眼瞼溝が眼瞼の自由縁にごく近く位置する場合には、開眼時に眼瞼縁が眼瞼とともに上方にあがり、前面の皮膚が被蓋(ひがい)ひだとなって垂れ下がり上眼瞼溝や眼瞼縁を覆い隠すため、外見上は上眼瞼溝のない一重(ひとえ)瞼のようにみえる。しかし、静かに閉眼すると被蓋ひだの後方から眼瞼縁が下りてきて二重瞼の状態を呈するので、一重瞼とは区別できる。これを仮性二重瞼ともいう。一般に、一重瞼と二重瞼には移行型がいろいろあり、統計的に両者を区別して表すのはかなり困難である。
 なお、上眼瞼溝の位置と強弱には個人的および人種的な特異性が強くみられ、人類学では重要な研究対象となっている。二重瞼はヨーロッパ人やアイヌに多くみられ、日本人は比較的少ない。また、一重瞼を二重瞼にするのは容易であるが、逆に二重瞼を一重瞼にするのはむずかしい。[大島 崇]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の二重瞼の言及

【二重まぶた(二重瞼)】より

…上眼瞼溝の位置が下降して上眼瞼の前縁に一致すると,前方からは一重眼瞼に見えるが,これを偽一重瞼あるいは仮性一重瞼という。ヨーロッパ人には二重瞼が多い。モンゴロイド大人種でもタイ人やマレー人には多く(85~95%),中国人や朝鮮人にはやや少ない。…

※「二重瞼」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

二重瞼の関連キーワード二重まぶた(二重瞼)さかさまつげ美容医療蒙古ひだ二皮目瞼の襞ナワ大島

今日のキーワード

吝か

[形動][文][ナリ]1 (「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。「協力するに吝かではない」2 思い切りの悪いさま。「民衆も天才を認めることに―であるとは信じ難い」〈芥川...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

二重瞼の関連情報