コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

五十嵐道甫(初代) いがらし どうほ

2件 の用語解説(五十嵐道甫(初代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

五十嵐道甫(初代) いがらし-どうほ

?-1678 江戸時代前期の蒔絵(まきえ)師。
五十嵐甫斎の子。五十嵐信斎の子孫という。京都にすみ,寛永年間(1624-44)に加賀金沢藩主前田利常にまねかれ,加賀蒔絵の基礎をきずく。利常隠居後,京都にもどった。延宝6年5月26日死去。名は忠三郎。代表作に「秋野蒔絵硯(すずり)箱」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

五十嵐道甫(初代)

没年:延宝6.5.26(1678.7.14)
生年:生年不詳
江戸前期の蒔絵師。法名は道甫日等。祖父は宗清,父は一初甫斎。小堀遠州の斡旋により加賀(金沢)藩主前田利常に召され,蒔絵御用を仰せ付かりしばしば金沢に下向したが,京で没した。基準作に延宝5(1677)年銘の蓮華寺旧蔵「蓮池蒔絵舎利厨子」がある。京都上京須磨町に住して代々蒔絵を業とし,また京都本法寺の檀那で,本阿弥家など京都上層町衆との間に法華信仰により強く結ばれた姻戚関係にあった。 2代道甫は寛永12(1635)年生まれ。元禄10年6月24日(1697.8.10)没。初代道甫の実子で,俗名喜三郎,法名鷲嶺院道甫日了。貞享1(1684)年前田綱紀に召されて金沢に移り,貞享3年ごろにはすでに金沢に居住し,金沢で没した。実子の喜三郎が元禄6(1693)年に25歳で没したため,養子が喜三郎を名乗り五十嵐家3代目を継いだ。今日まで2代道甫父子・養子の3名の喜三郎の存在が確認されなかったため,喜三郎に関する記述に混乱が生じていた(『前田貞親手記』)。養子の喜三郎没後,その技芸は弟子筋の庄兵衛,宗兵衛の2家系によって幕末まで受け継がれた。<参考文献>内田篤呉(共著)「五十嵐道甫考」(『漆工史』12号),「京都本法寺教行院過去帳」

(内田篤呉)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

五十嵐道甫(初代)の関連キーワード長野横笛川之辺一朋五十嵐道甫春正蒔絵五十嵐道甫(2代)尾崎宗印古満休意(1)巣野不幽奈良雪勝菱田成信

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone