コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

五十嵐道甫 イガラシドウホ

デジタル大辞泉の解説

いがらし‐どうほ〔‐ダウホ〕【五十嵐道甫】

[?~1678]江戸前期の蒔絵師(まきえし)。信斎の孫。前田利常(まえだとしつね)の招きで金沢に行き、加賀蒔絵の基礎を築いた。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

いがらしどうほ【五十嵐道甫】

?~1678) 江戸前期の蒔絵師。信斎の孫。寛永年間(1624~1644)に前田利常の招きで金沢へ赴き、加賀蒔絵の基礎を築いた。代表作「秋野蒔絵硯箱」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

五十嵐道甫
いがらしどうほ

五十嵐派」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の五十嵐道甫の言及

【五十嵐家】より

…室町時代の五十嵐信斎に始まる蒔絵師の家系とその一派。初代信斎(生没年不詳)は足利義政に仕え,幸阿弥道長(幸阿弥家)と並び称せられ,東山時代物と珍重される漆芸品の中に彼の作品が多いといわれているが,確証のある作はない。2代甫斎は信斎の子で業を継ぎ豊臣秀吉に仕えたが,作品などは詳らかでない。3代道甫(?‐1678)は寛永年間(1624‐44)加賀藩主前田利常に招かれ,京都から金沢へおもむき加賀蒔絵の基をきずいた。…

※「五十嵐道甫」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

五十嵐道甫の関連キーワード五十嵐道甫(初代)五十嵐喜三郎清水柳景金沢漆器五十嵐

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android