五味康祐(読み)ごみやすすけ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

五味康祐(ごみやすすけ)
ごみやすすけ
(1921―1980)

小説家。大阪市生まれ。早稲田(わせだ)第二高等学院中退、明治大学文芸科に入学したが、学徒出陣により、華中を転戦。第二次世界大戦後復員して、亀井勝一郎を頼って上京、職業を転々とした。1952年(昭和27)『喪神(そうしん)』で芥川(あくたがわ)賞を受賞したのをきっかけに剣豪小説ブームを巻き起こした。『柳生(やぎゅう)連也斎』(1955)、『柳生武芸帳』(1956~58)などの剣豪小説のほかに、艶笑(えんしょう)物『色の道教えます』(1960~61)、奇想天外な野球小説『一刀斎は背番号6』(1955)などが代表作。奇抜で斬新(ざんしん)な工夫着想、現代的なスピード感と格調ある文体が特色。レコード音楽、麻雀(マージャン)、占いなどに通じ、趣味人としても知られた。[磯貝勝太郎]
『『五味康祐代表作集』全10巻(1981・新潮社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android