コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

五泉[市] ごせん

百科事典マイペディアの解説

五泉[市]【ごせん】

新潟県中部,阿賀野川左岸の平野部を占める市。1954年市制。中心市街は磐越西線が通じる。近世には袴(はかま)地の五泉平(ごせんひら),明治には羽二重,平絽(ひらろ)など絹織物特産

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ごせん【五泉[市]】

新潟県中央部,阿賀野川と早出川の合流点付近に立地する機業都市。1954年五泉町と巣本,川東,橋田の3村が合体,市制。人口3万9115(1995)。郷屋川など五つの川が市街を流れ,市名の由来を示している。寛保年間(1741‐44)仙台平(せんだいひら)の織法を導入改良し,五泉平と呼ぶ袴地が生産され,近代には竜門,羽二重,平絽などの高級絹白生地産地となった。近年は精華,駒絽,綸子などの高級織物を生産している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android