コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

五泉市 ごせん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

五泉〔市〕
ごせん

新潟県中部,新潟平野の東部から越後山脈北西部にある市。 1954年五泉町と巣本村,川東村,橋田村の3村が合体して市制。 1955年下条村,菅名村のそれぞれ一部,1957年新関村の一部を編入。 2006年村松町と合体。中心市街地阿賀野川支流の早出川左岸にあり,近世から仙台平の技法を取り入れた五泉平と呼ばれる袴地の産地。近世以後,羽二重,平絽 (ひらろ) などの絹織物に代わり,第2次世界大戦後はニット産業に転換し,山麓機業都市として全国的にも有名になった。 1906年に大火で約 1200戸が焼失してから,1945年に 800戸が焼失するまで,何度も大火に見舞われた。ニットをはじめとする繊維工業が盛んであるほか,製材・化学・食品工業も行なわれる。農村部では米作のほか,野菜や花卉が栽培される。阿賀野川沿いには咲花温泉がある。早出川や仙見川などの渓谷美に富み,サクラの名所の村松公園,名刹の慈光寺などの見どころがある。小山田ヒガンザクラ樹林は国の天然記念物。北部は阿賀野川ライン県立自然公園,南部は奥早出粟守門県立自然公園に属する。 JR磐越西線,国道 290号線が通る。面積 351.91km2(境界未定)。人口 5万1404(2015)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ごせん‐し【五泉市】

五泉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

五泉市の関連情報