コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宇野千代 うのちよ

6件 の用語解説(宇野千代の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

宇野千代
うのちよ

[生]1897.11.28. 山口,岩国
[没]1996.6.10. 東京
小説家。 1914年岩国高等女学校卒業。女性的な情感にあふれた作風で知られる。代表作『色ざんげ』 (1933~35) ,『おはん』 (47~57) ,『或る一人の女の話』 (71) ,『生きて行く私』 (83) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

うの‐ちよ【宇野千代】

[1897~1996]小説家。山口の生まれ。新聞の懸賞小説に当選、作家活動に入る。「色ざんげ」「おはん」など愛欲や女性の生をテーマにした作品多数。私生活でも尾崎士郎東郷青児との恋愛、北原武夫との結婚・離婚といった話題が多く、その経験を自伝「生きて行く私」に情熱的に描いた。芸術院会員。平成2年(1990)文化功労者

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

宇野千代【うのちよ】

小説家。山口県生れ。岩国高等女学校卒。結婚して札幌に住んだが,新聞の懸賞小説につづけざまに当選,1921年単身上京して作家生活に入った。第2次世界大戦前では《中央公論》に発表した《色ざんげ》などが代表作。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宇野千代 うの-ちよ

1897-1996 大正-平成時代の小説家。
明治30年11月28日生まれ。大正10年新聞の懸賞小説入選を機に作家生活にはいる。昭和10年「色ざんげ」で注目される。32年「おはん」で野間文芸賞,女流文学者賞。尾崎士郎,東郷青児との恋愛,北原武夫との結婚・離婚,スタイル社の経営など実生活も波乱にとみ,85歳で刊行した自伝「生きて行く私」はベストセラーとなった。平成2年文化功労者。芸術院会員。平成8年6月10日死去。98歳。山口県出身。岩国高女卒。
【格言など】人間は自分の可厭(いや)なことは決してしないものだ(「行く」)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版の解説

うのちよ【宇野千代】

1897~1996) 小説家。山口県生まれ。岩国高女卒。画家東郷青児の女性関係に取材した「色ざんげ」で、男が語る聞き書き風の文体を確立。古風な三角関係に愛の妄執を描いた「おはん」は、浄瑠璃風の語り口で代表作となる。著「薄墨の桜」「生きて行く私」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

宇野千代
うのちよ
(1897―1996)

小説家。明治30年11月28日、山口県岩国町生まれ。旧制岩国高等女学校卒業。処女作『脂粉(しふん)の顔』(1921)が『時事新報』の懸賞小説に当選、札幌より上京し、尾崎士郎を知り同棲(どうせい)。三好(みよし)達治、梶井(かじい)基次郎、川端康成(かわばたやすなり)、萩原朔太郎(はぎわらさくたろう)らを知る。1930年(昭和5)に小説取材のため東郷青児に会い同棲し、初期の代表作『色ざんげ』(1933~35)を書く。新帰朝の洋画家湯浅譲二の語りで運ばれるみずみずしい恋愛冒険小説。東郷と別れ、『別れも愉(たの)し』(1935)、『未練』(1936)を発表。36年スタイル社を創立。北原武夫(たけお)を知り『クレーブの奥方』などフランス心理小説の影響を受ける。38年には『文体』を創刊、翌年北原と結婚した。第二次世界大戦中は『中央公論』に『人形師天狗(てんぐ)屋久吉』(1942)を発表。徳島に浄瑠璃(じょうるり)人形の職人久吉を訪ねたその聞き書きで、語り芸の一段階を画するものとなった。戦後『文体』を復刊(1947)、4号で終刊(1949)するまで『おはん』を連載、この作品は10年後『中央公論』で完結(1950~57)した。また『刺す』(1963~66)は、この当時の事業と愛の破綻(はたん)をつづった一人称告白体の小説であり、モラリストを思わせる静謐(せいひつ)な語り口は定評がある。64年北原と離婚。『風の音』(1969)、『幸福』(1970)、『或る一人の女の話』(1982)などの自伝的作品、回想記『生きて行く私』(1982~83)など盛んな活動を続けた。[田中美代子]
『『宇野千代全集』全12巻(1977~78・中央公論社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の宇野千代の言及

【カフェ】より

…昭和初年までこうしたカフェーは全盛をきわめ,とくに大阪系の大カフェーは濃厚なサービスで売った。また,都心以外の地域にも多くのカフェーができ,昭和期の女流作家たちの中には林芙美子,宇野千代,佐多稲子など,そうした店で女給づとめをした人も少なくない。第2次大戦後,カフェーの名称は風俗営業の一形態を示す行政用語として使用されるだけになり,一般的にはコーヒーその他の軽飲食物を提供する店は喫茶店,女性のサービスを伴う酒場はバーやキャバレーなどの名称で呼ばれるようになった。…

※「宇野千代」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

宇野千代の関連キーワード川村晃大藪春彦飯干晃一小沼丹邦光史郎中山あい子水芦光子横関大若柳吉駒今村夏子

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

宇野千代の関連情報