コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

井筒屋庄兵衛(初代) いづつや しょうべえ

2件 の用語解説(井筒屋庄兵衛(初代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

井筒屋庄兵衛(初代) いづつや-しょうべえ

1621-1709ごろ 江戸時代前期の版元。
元和(げんな)7年生まれ。京都の俳諧(はいかい)専門の書肆(しょし)。松永貞徳の門人。貞門諸派,談林派の俳書を刊行,貞享(じょうきょう)-元禄(げんろく)期には蕉門の俳書のほとんどを出版するにいたった。宝永6年ごろ死去。89歳?姓は筒井。名は重勝。号は阿誰軒。編著に「誹諧書籍目録」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

井筒屋庄兵衛(初代)

没年:宝永7頃(1710)
生年:元和7(1621)
江戸前期から後期まで続いた京都の書肆の初代。名は重勝。庄兵衛は代々の通称。表紙屋の号で出版した,最も早い『若狐』(1652)以来,貞門俳人として自らも歳旦撰集を編むほか,『誹諧書籍目録』(1692)を刊行するなど,最初の俳諧書肆として専門出版に徹し,その点数は400余にのぼる。『冬の日』以下,蕉門俳書のほとんどを刊行し,その進展とともに俳壇における権威を確立した。2代重晴,3代重寛,4代寛治,5代荘兵衛ののち,文化5(1808)年刊『俳諧七部集』以後の活動は不詳。<参考文献>雲英末雄「俳諧書肆の誕生」(『文学』1981年11月号)

(安永美恵)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

井筒屋庄兵衛(初代)の関連キーワード半井和年土佐派後から後からカピタン雪駄出雲寺和泉掾(2代)素松堂中野市右衛門(初代)中野小左衛門(初代)西村九郎右衛門風月庄左衛門

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone