コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

井筒屋庄兵衛(初代) いづつや しょうべえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

井筒屋庄兵衛(初代) いづつや-しょうべえ

1621-1709ごろ 江戸時代前期の版元。
元和(げんな)7年生まれ。京都の俳諧(はいかい)専門の書肆(しょし)。松永貞徳の門人。貞門諸派,談林派の俳書を刊行,貞享(じょうきょう)-元禄(げんろく)期には蕉門の俳書のほとんどを出版するにいたった。宝永6年ごろ死去。89歳?姓は筒井。名は重勝。号は阿誰軒。編著に「誹諧書籍目録」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

井筒屋庄兵衛(初代)

没年:宝永7頃(1710)
生年:元和7(1621)
江戸前期から後期まで続いた京都の書肆の初代。名は重勝。庄兵衛は代々の通称。表紙屋の号で出版した,最も早い『若狐』(1652)以来,貞門俳人として自らも歳旦撰集を編むほか,『誹諧書籍目録』(1692)を刊行するなど,最初の俳諧書肆として専門出版に徹し,その点数は400余にのぼる。『冬の日』以下,蕉門俳書のほとんどを刊行し,その進展とともに俳壇における権威を確立した。2代重晴,3代重寛,4代寛治,5代荘兵衛ののち,文化5(1808)年刊『俳諧七部集』以後の活動は不詳。<参考文献>雲英末雄「俳諧書肆の誕生」(『文学』1981年11月号)

(安永美恵)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

井筒屋庄兵衛(初代)の関連キーワードおくのほそ道本朝文選奥の細道宇陀法師風俗文選川田田福旅寝論枯尾華落葉集猿蓑

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android