コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

交雑育種 こうざついくしゅhybridization breeding

1件 の用語解説(交雑育種の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

こうざついくしゅ【交雑育種 hybridization breeding】

生物の属・種・品種間のかけ合わせを交雑といい,人工的に交雑を行い,新品種を作ることを交雑育種という。この方法によると,二つ以上の属・種・品種がもつ別々の長所を一つの個体に合わせることができる。変りものを作り出す技術として,現在でも最も多用されている育種法である。なお,交雑後第1代目F1に現れる雑種強勢を利用する方法は雑種強勢育種法として区別することが多い。生物には自然状態での受精のしかたに,自殖性(自家受精)と他殖性(他家受精)とがあり,家畜はおもに他殖性であるが,作物はイネやムギのように自殖性のものも多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

交雑育種の関連情報