京阪電気鉄道(読み)けいはんでんきてつどう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

京阪電気鉄道
けいはんでんきてつどう

私鉄会社。 1906年京阪電気鉄道設立。 10年京阪本線 (天満橋-五条) 営業開始。 43年阪神急行電鉄と合併して京阪神急行電鉄 (現阪急電鉄 ) となったが,49年同社から旧京阪電気鉄道の路線を分離して現社設立。 89年鴨川電気鉄道を合併,鴨川線 (三条-出町柳) の営業を開始。大阪,京都,滋賀の2府1県を結ぶ路線をもち,鉄道のほか,百貨店,食堂,旅館,文化施設,娯楽機関などを兼営している。賃貸・流通部門の拡大に注力している。路線は京阪本線 (淀屋橋-出町柳 51.6km) ,交野線 6.9km,宇治線 7.8km,京津線 7.5km,石山坂本線 14.1km,鋼索線ケーブル 0.4kmで,全営業キロ数は 88.1km。事業内容は,鉄軌道 50%,兼業 50%。年間営業収入 2581億 9200万円 (連結) ,資本金 514億 6600円,従業員数 3384名 (1999) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

京阪電気鉄道

「日本の資本主義の父」と呼ばれる渋沢栄一氏を創立委員長に1906年に設立。直通運転している本線(大阪・淀屋橋〜京都・三条)と鴨東線(三条〜出町柳)のほかに、宇治線、交野線、京津線、石山坂本線などがあり、営業距離は合計約88キロ。06年3月期の連結売り上げは大手私鉄16社中の14位。

(2006-11-14 朝日新聞 朝刊 2経済)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

デジタル大辞泉の解説

けいはん‐でんきてつどう〔‐デンキテツダウ〕【京阪電気鉄道】

大阪府・京都府滋賀県に路線をもつ電鉄会社。また、その鉄道。大阪の淀屋橋(よどやばし)から京都三条に達する本線を中心として営業。明治39年(1906)創立。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本の企業がわかる事典2014-2015の解説

京阪電気鉄道

正式社名「京阪電気鉄道株式会社」。英文社名「Keihan Electric Railway Co., Ltd.」。陸運業。明治39年(1906)創業。昭和24(1949)設立。本社は大阪市中央区大手前。鉄道会社。京都・大阪・滋賀の2府1県にかけて、京阪三条と淀屋橋を結ぶなど8つの鉄道路線をもつ。沿線開発・流通・レジャー事業も手がける。東京証券取引所第1部上場。証券コード9045。

出典 講談社日本の企業がわかる事典2014-2015について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

けいはんでんきてつどう【京阪電気鉄道】

滋賀県,京都府,大阪府に91.7km(1997)の路線を持つ民営鉄道。本線にあたる京阪線・鴨東(おうとう)線は大阪の淀屋橋から京都の三条を経て出町柳に至るもので,その支線として交野(かたの)線,宇治線があり,そのほか路面電車に近い存在である京津三条~浜大津間の京津(けいしん)線と石山寺~浜大津~坂本間の石山坂本線がある(いずれも標準軌間)。ほかに男山鋼索線がある。京阪電気鉄道の創立は1906年で,大阪,京都の二大都市を結ぶ都市間電車として当時の電鉄界をリードした。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

けいはん‐でんきてつどう ‥デンキテツダウ【京阪電気鉄道】

京都、大阪、滋賀の二府一県に鉄道、バス路線を営業する私鉄。京阪本線のほか、宇治線、京津線などがある。明治四三年(一九一〇)開業。昭和五年(一九三〇)新京阪鉄道を合併し、同一八年阪神急行電鉄と合併して京阪神急行電鉄(現、阪急)となったが、同二四年分離して旧社名に戻った。京阪。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

京阪電気鉄道の関連情報