今須(読み)います

百科事典マイペディアの解説

今須【います】

美濃国不破(ふわ)郡の地名で,現在は岐阜県関ヶ原町の大字中世は今郷(居益郷),近世は今須村で中山(なかせん)道の今須宿が置かれた。今須郷ははじめ国衙(こくが)領で,1426年をあまり下らない時期に宝鏡(ほうきょう)寺(現京都市上京区)となった。在地では長江(永江)氏が勢力を有し,居益城があったとされる。1442年長江氏は居益郷内の田地を郷内に建立した妙応寺に寄進している。1487年幕府は今須などに対する守護土岐成頼の押領(おうりょう)を退け,代官を入部させることとした。江戸時代は幕府領で,1770年大垣藩預地となる。今須宿は中山道67宿のうち江戸から数えて60番目の宿。東の関ヶ原宿との間にある今須峠は難所で,天文年間(1532−1555)には関所が置かれたという。1702年の町並みは東西17町10間,家数363のうち町家184。御用人足は御朱印人足250,賃人足5641のほか,北国脇道の雪踏み人足850など。1843年の宿内人別1784,家数464,本陣1・脇本陣2,旅籠屋は中7・小6。江戸時代初期,荷物継立をめぐって関ヶ原宿と争論があった。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

います【今須】

美濃国(岐阜県)不破郡の地名。中世には今須(居益)郷,近世には今須村,中山道今須宿,現在は関ヶ原町の大字。室町時代長江氏がこの地に勢力を有し,重景が母の菩提のため妙応寺を建て,1442年(嘉吉2)元景らが仏田を寄進している。守護代富島氏をけたが,斎藤氏に敗れて去った。宝鏡寺領の国衙領であったが,87年(長享1)守護土岐成頼の押領停止を幕府が命じており,応仁の乱中に守護代斎藤利国に押領されていた。その後,豊臣氏の蔵入地となり,古田織部重然,のち石田三成がその代官であった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報