仮出場(読み)かりしゅつじょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

仮出場
かりしゅつじょう

仮釈放の一つで,拘留に処せられたおよび労役場に留置された者については,情状によりいつでも,地方更生保護委員会の決定によって仮釈放が許される (刑法 30,犯罪者予防更生法 29,31) 。仮出場は収容監獄長の請求をまって決定され,残刑期間を経過すれば刑の執行権が消滅する。仮出獄と異なり残刑期間中の遵守条件はない。また保護観察の適用もなく,取消しの制度もない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

かり‐しゅつじょう〔‐シユツヂヤウ〕【仮出場】

拘留刑の執行を受けている者、または罰金・科料を完納できないために留置されている者を、情状により、行政官庁地方更生保護委員会)の処分によって仮に拘留場労役場などから出すこと。刑期に関係なく許され、保護観察に付されない点で「仮釈放」と異なる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かりしゅつじょう【仮出場】

拘留に処せられた者、および労役場に留置された者について、情状により一定の条件のもとで出場を許すこと。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

かり‐しゅつじょう ‥シュツヂャウ【仮出場】

〘名〙 拘留刑に処せられた者および労役場に留置された者を、情状により、行政処分によって一定の条件のもとに釈放すること。仮出所
監獄法(明治四一年)(1908)六六条「仮出獄又は仮出場を許されたる者を釈放するときは」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の仮出場の言及

【仮釈放】より

… 日本では,江戸時代の人足寄場の制度にその萌芽が見られるとされるが,近代になって初めて仮出獄制度を規定したのは1882年施行の旧刑法である。現行制度としては,仮出獄(刑法28条),仮退院(少年院法12条2項,売春防止法25条),仮出場(刑法30条)の3種がある。前2者は条件付仮釈放と呼ばれるもので,仮釈放の期間中保護観察に付され,遵守事項に違反した場合には処分の取消し・戻し収容処分が行われることがある。…

※「仮出場」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民皆保険

すべての国民をなんらかの医療保険に加入させる制度。医療保険の加入者が保険料を出し合い,病気やけがの場合に安心して医療が受けられるようにする相互扶助の精神に基づく。日本では 1961年に国民健康保険法(...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android