コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤西蠣太 アカニシカキタ

4件 の用語解説(赤西蠣太の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

あかにしかきた【赤西蠣太】

志賀直哉の小説。江戸時代に仙台藩で起きた伊達騒動を題材とする。大正6年(1917)発表。昭和11年(1936)、伊丹万作監督・脚本により映画化。出演は片岡千恵蔵、瀬川路三郎ほか。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

赤西蠣太 あかにし-かきた

志賀直哉の「赤西蠣太」の主人公
江戸の伊達兵部の屋敷につかえる新参の武士。甘党で胃弱。風采(ふうさい)もあがらず周囲から軽視される存在であるが,実は原田甲斐(かい),兵部一味の動きをさぐる隠密(おんみつ)。大正6年発表の伊達騒動に取材した作品。昭和11年伊丹(いたみ)万作監督,片岡千恵蔵主演で映画化され,異色時代劇として好評をえた。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

あかにしかきた【赤西蠣太】

片岡千恵蔵主演,伊丹万作監督による1936年製作の異色時代劇。千恵蔵プロ作品。志賀直哉短編小説の〈筋と主題〉を素材として伊丹自身が自由に脚色。眉がボヤーッと太く,色黒で,鼻のわきにほくろがあり,伊丹自身の言葉によればまさに〈千恵蔵にして千恵蔵にあらざる〉田舎侍を演じさせ(ただし,白塗二枚目で原田甲斐を二役で演じ,歌舞伎的な立回りを見せるシーンもある),ラスト・シーンで蠣太と小浪(毛利峯子)が向かい合って座っているところに,ワーグナーの《結婚行進曲》を流したり,当時画然と区別されていた〈時代劇〉と〈現代劇〉の境界を崩そうとした試みが見られる

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

赤西蠣太
あかにしかきた

日本映画。1936年(昭和11)作品。伊丹万作(いたみまんさく)監督。原作は志賀直哉(しがなおや)の同名小説。サイレント映画の末期1930年代初めに、「チョン髷(まげ)をつけた現代劇」とよばれたジャンルが生まれ、好評を博した。これは時代劇スターの片岡千恵蔵(かたおかちえぞう)主演により、稲垣浩(いながきひろし)監督や伊丹監督が創出したもので、当時流行(はや)った小市民映画の影響を受けた現代劇的な趣向の時代劇で、本作はその代表作である。すでにサイレント時代、『国士無双』(1932)で発揮されていた伊丹のユーモアとリベラルな持ち味はここでも健在。伊達(だて)騒動を下敷きにし、千恵蔵の密偵を主人公に、恋や友情をからめて騒動の舞台裏を描いた。トーキー初期のフランスの監督ルネ・クレール風の味わいも感じられ、洒脱(しゃだつ)な日本映画として評価された。武張った時代劇が多いなか、異色の作風が人気をよんだが、こうした作風は子息の伊丹十三(じゅうぞう)に受け継がれ、1980年代に開花することになる。[千葉伸夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の赤西蠣太の言及

【伊丹万作】より

…10年間に22本の映画を撮ったが,すべて自作のシナリオによる。〈日本のルネ・クレール〉などと呼ばれたその〈知性の映像〉,内面のペシミズムとうらはらの軽妙洒脱(しやだつ)な語り口は,彼の映画のプリントとして現存している3本のうちの1本(しかも前半のほぼ1巻分が欠けているといわれる)《赤西蠣太》(1936)と《伊丹万作全集》第3巻所収の〈映画シナリオ集〉にわずかに片鱗がうかがえるのみで,名作といわれる《国士無双》(1932)もトーキー第1作の《忠次売出す》(1935)も現存していない(《赤西蠣太》のほかに現存するのは,戦国時代の経済破壊工作を描く奇抜なアイディアの《気まぐれ冠者》(1935)と,ビクトル・ユゴーの《レ・ミゼラブル》(1862)を翻案した《巨人伝》(1938))。 本名,池内義豊。…

【時代劇映画】より


[小市民映画と鳴滝組]
 世界大恐慌による不景気,戦争への歩みといった暗い世相の中,映画はサイレントからトーキーへと移り変わり,一方に検閲の強化もあって,時代劇は大きく変貌していく。その渦の一つの中心となったのは片岡千恵蔵プロダクションで,伊丹万作監督が《逃げ行く小伝次》《花火》などを経て,ほんものの剣聖がにせものに敗れるという話の《国士無双》(1932)で諧謔(かいぎやく)と風刺の精神を明朗かつ知的に打ち出し,《闇討渡世》(1932)では同じ姿勢で平手造酒の孤独を描いて,伊達騒動を背景にした《赤西蠣太》(1936)でその知的散文精神に基づく映画づくりを完成させる一方,稲垣浩監督《瞼の母》《一本刀土俵入り》(ともに1931),《弥太郎笠》(1932)などが,哀愁と明朗さに満ちた股旅もの映画のスタイルをつくり出した。いずれも片岡千恵蔵主演作品である。…

※「赤西蠣太」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

赤西蠣太の関連キーワード伊丹万作稲垣浩片岡千恵蔵国士無双伊丹十三天皇の帽子緋牡丹博徒 仁義通します佐伯清橋本忍片岡千恵蔵プロダクション

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone