コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊島 いしま

2件 の用語解説(伊島の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

伊島
いしま

徳島県東部,蒲生田岬の沖約 6kmの紀伊水道にある島。別称弁天島。阿南市に属する。集落は南西部伊島漁港付近に集中。漁業人口が多く,一本釣りや潜水によるアワビの磯漁業が主。冬は北西の季節風が強く,潜水作業員として季節労働に従事することが多い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

伊島
いしま

徳島県東部、蒲生田(かもだ)岬の東方約6キロメートルの紀伊水道にある島。阿南市に属する。面積1.45平方キロメートル、周囲9.5キロメートル。山がちで最高点はのろし山の121メートル、山頂に伊島灯台が立つ。山には、この島にしか自生しないイシマササユリが咲く。南西部の平坦(へいたん)地に風待ち港がある。かつては伊島千軒といわれてにぎわったが、現在では離村者が多い。漁業は小規模で一本釣りや潜水によるアワビの磯漁(いそりょう)が多く、敷網業や磯立網業もみられる。漁期は5月から9月で、冬は北西の季節風が強く、潜水夫として島外で働く人も多い。磯釣りの好地で、遊漁船も出る。阿南市橘(たちばな)の答島(こたじま)港から1日3往復の連絡船がある。人口195(2009)。[高木秀樹]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

伊島の関連キーワード蒲生蒲生田岬小松島山形県東置賜郡高畠町入生田山形県南陽市蒲生田新潟県上越市浦川原区小蒲生田新潟県上越市頸城区大蒲生田新潟県上越市名立区西蒲生田新潟県上越市名立区東蒲生田徳島県阿南市椿町蒲生田

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

伊島の関連情報