コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊藤伝右衛門 いとう・でんえもん

1件 の用語解説(伊藤伝右衛門の意味・用語解説を検索)

朝日日本歴史人物事典の解説

伊藤伝右衛門

没年:天明5.5.23(1785.6.29)
生年:寛保1(1741)
江戸中期,美濃国(岐阜県)大垣藩士,治水技術者。名は正敦。安八郡楡俣村の農民西松家に生まれ,大垣藩士伊藤政明の養子となる。領内で特に低地の2郷40村余の排水のために,多芸郡横曾根村,安八郡塩喰村・今福村に伏越樋や水路の設置を立案し,天明初年にその工事を監督,完成。しかしその後の大雨による揖斐・牧田両川の増水によって被害が発生し,責任をとって自刃したといわれる。しかし川の水位が下がると排水路は機能するようになり,古宮・今宮両輪中村々の米の収穫は増大した。明治38(1905)年旧鵜森水利組合によって鵜森に建立された旧藩主戸田氏の碑文には「殺身仁民」とある。<参考文献>『濃飛偉人伝』『新修大垣市史』

(松田之利)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

伊藤伝右衛門の関連キーワード三ツ峠山稲葉小僧功子内親王藤枝外記本居宣長長久保赤水鳥人幸吉加藤枝直グリム兄弟佐竹曙山

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

伊藤伝右衛門の関連情報