コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柳原白蓮 やなぎわら びゃくれん

10件 の用語解説(柳原白蓮の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

柳原白蓮

女流歌人。東京生。伯爵柳原前光の次女。本名は燁子。東洋英和女学校卒。佐佐木信綱に師事し、歌誌「ことだま」を主宰。歌集『踏絵』、詩集『几帳のかげ』、自伝的小説『荊棘の実』、他に戯曲、随筆の著作もある。戦後は平和運動に関った。昭和42年(1967)歿、81才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵2015の解説

柳原白蓮

日本の歌人。本名は柳原燁子(あきこ)。大正三美人の1人。白蓮事件で知られる。
1885年、東京に生まれる。父は柳原前光(さきみつ)伯爵、母は妾の1人で柳橋の芸妓となっていた没落士族出身のりょう。前光は大正天皇の生母・柳原愛子(なるこ)の兄で、燁子は大正天皇の従妹に当たる。94年、遠縁に当たる子爵・北小路隨光(よりみつ)の養女となる。98年、華族女学校に入学。1900年に、15歳で北小路家の長男資武(すけたけ)と結婚させられ、その後、妊娠により女学校を退学。長男・功光(いさみつ)を出産するも、05年、功光を北小路家に残して離婚し、実家に戻る。
当時、華族の家庭では体裁が重んじられ、離婚した娘は恥とされて柳原家本邸に入ることができず、前光の正妻・初子の隠居所で読書や短歌をなぐさめとして暮らす。結婚・出産のために断念した学業を再開するため、08年、東京・麻布のカナダ系ミッションスクール、東洋英和女学校に寄宿生として編入する。8歳年下の村岡花子と出会い、「花ちゃん」「燁さま」と呼び合う「腹心の友」となる。この頃、佐佐木信綱が主催する短歌結社竹柏会に入門する。
10年、25歳年上で九州の炭鉱王、伊藤伝右衛門見合いし、翌年、後妻として嫁ぐ。年齢・身分・教養のいずれも不釣り合いな、伯爵家と炭鉱王の政略結婚として世間を騒がせ、東京日日新聞では連載で大きく報じられた。花子はこのニュースショックを受け、燁子と絶交に至る。
再婚後は「筑紫の女王」と呼ばれたが、生きがいを感じられずに、花子に心情を吐露する手紙を書いている。これをきっかけに親交が再開する。孤独や苦しみを短歌に詠み、竹柏会の機関誌「心の花」に発表し続けた。この頃から、白蓮の号を用いる。
21年、社会主義者の宮崎龍介と駆け落ちする。いわゆる「白蓮事件」である。当時は姦通罪が存在し、旧刑法では2年以下の懲役となる行為であった。燁子は伊藤家に対して大阪朝日新聞紙上で絶縁状を発表し、その2日後には大阪毎日新聞紙上に伝右衛門の抗議文が掲載されるなどして、センセーショナルな事件となった。22年に長男・香織を出産するも、義父が抱える多額の負債もあって、生活は苦しく、龍介が結核に倒れた時期は、文筆で生計を支えた。25年、長女・蕗苳(ふき)が誕生。35年以降、歌誌「ことたま」を主宰する。
45年、学徒出陣していた香織を米軍による空爆で亡くす。その経験から、「国際悲母の会」を立ち上げ、各地で平和を訴える活動を起こす。緑内障で視力を失いながらも、歌を詠む穏やかな晩年を過ごし、67年、81歳で死去。
主な作品に、歌集『踏絵』、『幻の華』、詩集『几帳のかげ』など。

(葛西奈津子  フリーランスライター / 2014年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

柳原白蓮

大正から昭和にかけて活躍した歌人。華族に嫁ぎ一子をもうけたが離婚。伊藤と再婚したが、10年後に大阪朝日新聞に「絶縁状」を発表し、7歳年下の龍介と駆け落ち。結婚した龍介との間に1男1女をもうけた。戦後は平和運動にも尽力した。2014年のNHK連続テレビ小説花子とアン」の主人公の友人のモデルで、仲間由紀恵さんが演じて話題となった。

(2017-01-01 朝日新聞 朝刊 2社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

やなぎわら‐びゃくれん〔やなぎはら‐〕【柳原白蓮】

[1885~1967]歌人。東京の生まれ。本名、宮崎燁子(あきこ)。佐佐木信綱に師事し短歌雑誌「心の花」に作品を発表。情熱的な歌風で知られる。歌集「踏絵」「幻の華」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

柳原白蓮【やなぎわらびゃくれん】

歌人。本名【あき】子(あきこ)。伯爵柳原前光の娘。東京生れ。東洋英和女学校卒。2度の結婚の後,1921年社会運動家宮崎竜介と結婚。佐佐木信綱に師事し,情熱的歌風で知られた。
→関連項目心の花竹柏会

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

柳原白蓮 やなぎわら-びゃくれん

1885-1967 大正-昭和時代の歌人。
明治18年10月15日生まれ。柳原前光(さきみつ)の次女。実母は東京柳橋の芸者良(りょう)。佐佐木信綱にまなぶ。北小路資武(すけたけ)と離婚後,九州の炭鉱王伊藤伝右衛門と再婚。「筑紫の女王」とよばれた。宮崎竜介と恋愛,大正10年家をさる。その間の4年「踏絵」を発表し,情熱的な作風が注目された。昭和10年から「ことたま」を主宰。戦後は平和運動にもかかわった。昭和42年2月22日死去。81歳。東京出身。東洋英和女学校卒。本名は宮崎燁子(あきこ)。小説に「荊棘(いばら)の実」。
【格言など】踏絵もてためさるる日の来しごとも歌反故(ほご)いだき立てる火の前(「踏絵」)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

やなぎはらびゃくれん【柳原白蓮】

1885‐1967(明治18‐昭和42)
歌人。東京生れ。本名燁子(あきこ)。柳原前光の次女。叔母愛子(なるこ)は大正天皇の母。東洋英和女学校卒。北小路資武と離婚して九州の炭鉱王伊藤伝右衛門に再嫁。豪華奢侈(しやし)な暮しぶりで〈筑紫の女王〉と称されたが,1921年社会運動家宮崎竜介との恋愛,結婚で世上をにぎわした。短歌は佐佐木信綱に師事,情熱的歌人と評され35年より歌誌《ことたま》主宰。戦後,愛児香織の戦死を悼み〈国際悲母の会〉結成。【塩田 咲子】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

やなぎはらびゃくれん【柳原白蓮】

1885~1967) 歌人。東京生まれ。伯爵柳原前光の次女。佐佐木信綱に師事。二度の離婚後、社会運動家宮崎竜介と結婚。歌集「踏絵」「幻の華」、自伝的小説「荊棘の実」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

柳原白蓮
やなぎはらびゃくれん

[生]1885.10.15. 東京
[没]1967.2.22. 東京
歌人。本名,宮崎あき子 (あきこ) 。伯爵柳原前光の次女として生れ,九州の炭鉱王伊藤伝右衛門と結婚したが,社会主義運動家の宮崎龍介と熱烈な恋愛の末に結ばれ,世間の話題を集めた。短歌は 1900年から佐佐木信綱に師事。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

柳原白蓮
やなぎはらびゃくれん
(1885―1967)

歌人。東京生まれ。本名宮崎あき子。伯爵柳原前光の次女。北小路資武と離婚後、1910年(明治43)東洋英和女学校卒業。九州の富豪伊藤伝右衛門と結婚し筑紫(つくし)の女王として世の耳目を集めたが、やがて実家に戻り、1923年(大正12)年下の学生宮崎龍介と恋愛結婚、以後ともに無産者解放運動に挺身、第二次世界大戦後は平和運動と宗教的世界に関心を示した。1900年(明治33)に佐佐木信綱(ささきのぶつな)に師事、『心の花』に作品を発表。数奇な運命に翻弄(ほんろう)されつつ精神的な苦悶(くもん)を激しい情熱で乗り越えようとした。歌集に『踏絵』(1915)、『幻の華』(1919)、『地平線』(1956)など。[佐佐木幸綱]
 踏絵もてためさるる日の来しごとも歌反故(ほご)いだき立てる火の前
『『踏絵』(『現代短歌全集3』所収・1981・筑摩書房) ▽永畑道子著『恋の華・白蓮事件』(1982・新評論)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

柳原白蓮の関連キーワード柳原安子里の秋馬場あき子菊池章子関鑑子広池秋子二葉あき子柳原初子原條あき子柳原燁子

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

柳原白蓮の関連情報