コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊藤律 いとうりつ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

伊藤律
いとうりつ

[生]1913.6.27. 岐阜
[没]1989.8.7. 東京,八王子
日本共産党指導者。 1930年第一高等学校に入学後,共産青年同盟に加入。 33年日本共産党に入党,治安維持法違反で検挙されたが,転向を表明して釈放される。 39年南満州鉄道株式会社に入社,尾崎秀実交遊,同年共産党再建グループの一員として検挙される。翌年保釈になり満鉄調査部に復職する。 41年三たび検挙されるが,このとき,ゾルゲ事件摘発のための有力な情報を漏したとされる。第2次世界大戦後復党し,政治局員としてはなばなしく活躍したが,公職追放で地下活動に入り,51年中国に密航した。中国滞在中の 53年,スパイとして日本共産党から除名され,中国共産党身柄を拘束された。 28年間の獄中生活間に,聴力・視力をほぼ失い,80年車椅子で帰国。現代史の生き証人といわれたが,何も語らずに逝った。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

伊藤律【いとうりつ】

日本共産党指導者。岐阜県出身。1930年第一高等学校に入学するが,1932年日本共産党青年同盟に加入して放校。翌年同党に入党,警察の弾圧や内部分裂などで壊滅状態にあった党の再建活動に参加した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊藤律 いとう-りつ

1913-1989 昭和時代の社会運動家。
大正2年6月27日生まれ。昭和7年一高在学中に共産青年同盟にはいり放校処分となる。8年共産党に入党,検挙。14年満鉄東京支社にはいり尾崎秀実(ほつみ)と交遊,再検挙されゾルゲ事件発覚にかかわる。20年出獄後,徳田球一のもとで同党政治局員となる。26年中国にわたる。28年党から除名処分,55年帰国。平成元年8月7日死去。76歳。岐阜県出身。
【格言など】いま生きて再び故国の土を踏むことができました。この喜びは,まことに無量なものがあります(29年ぶりに帰国して記者会見での挨拶)

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

いとうりつ【伊藤律】

1913‐89(大正2‐平成1)
昭和期の社会運動家。岐阜県で兼業零細小作農家に生まれる。1932年(昭和7)12月,第一高等学校退学処分,翌年3月日本共産党に入党。5月に共産青年同盟事務局長の地位にあって検挙。34年末保釈になって,35年4月に懲役2年執行猶予3年の判決を受けた。37年夏,長谷川浩と共産党再建活動を始め,39年8月からは満鉄東京支社調査室に勤務。同年11月の再検挙で転向,40年8月には保釈されて満鉄に復帰し,尾崎秀実に急接近したが,保釈のおりの不用意な供述が,のちにゾルゲ事件の発覚を招いた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

伊藤律
いとうりつ
(1913―1989)

政治家。岐阜県土岐(とき)村(現瑞浪(みずなみ)市)に生まれる。1930年(昭和5)第一高等学校入学、1932年共産青年同盟に加盟し、翌年日本共産党入党、同年検挙され1年半で保釈となる。その後1939年満鉄東京支社に入社、尾崎秀実(ほつみ)の知遇を得る。同年再検挙され、党再建グループの運動につき供述、またゾルゲ事件発覚の糸口となる情報を特高に漏らした。敗戦直後の1945年8月出獄、まもなく再入党し、1946年(昭和21)には中央委員、政治局員となる。徳田球一に重用されての異例の抜擢(ばってき)であった。1950年、党幹部の公職追放後、地下活動に入り主流派を指導するが、1951年秋、中国へ密出国。その後中国内の「北京(ペキン)機関」で戦前・戦後の行為につき査問され、1953年に、スパイとして党から除名処分を受けた。以後消息不明となり現代史の謎(なぞ)とされたが、1980年8月中国当局に拘禁されていたことが明らかにされ、翌9月、29年ぶりに帰国した。[荒川章二]
『川口信行・山本博著『伊藤律の証言』(1981・朝日新聞社) ▽『戦後史における日本共産党――歴史の真実と伊藤律問題』(1981・日本共産党中央委員会出版局) ▽伊藤律著『伊藤律回想録――北京幽閉二七年』(1993・文芸春秋) ▽尾崎秀樹著『生きているユダ』(角川文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の伊藤律の言及

【ゾルゲ事件】より

…彼らの情報はきわめて確度が高く,とくに41年6月の独ソ開戦の予知や9月の太平洋戦争開戦に関する御前会議決定の通報などに顕著な成果をあげた。事件は,伊藤律が北林トモを密告したことから発覚し(《特高月報》1942年8月分),9月28日に北林,10月15日に尾崎,18日にゾルゲらが逮捕され,42年6月8日までに諜報機関員と犬養健,西園寺公一(きんかず)らの情報提供者合計35名が逮捕された。そのうちの18名が治安維持法,国防保安法,軍機保護法などの違反容疑で起訴され,ゾルゲと尾崎が死刑,2名が無期懲役のほか全員有罪の判決をうけたが,西園寺は執行猶予,犬養は上告審で無罪となった。…

【六全協】より

…〈党活動の総括と当面の任務〉では,極左冒険主義の克服,セクト主義の反省にもとづく党の団結がうたわれ,民族解放,民主統一戦線のスローガンが打ち出された。〈党の統一にかんする決議〉では,1950年に発生した分裂・抗争の責任が当時の指導部にあることが明らかにされ,〈伊藤律の除名確認〉が決定された。しかしこの会議は,党内分裂状態のもとで進められ,平和的手段による革命の可能性を否定し,日本に植民地・従属国の革命路線を適用した〈51年綱領〉の影響下にあり,第7回大会にいたる過渡的な性格をもつものであった。…

※「伊藤律」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

伊藤律の関連キーワードゾルゲ事件と伊藤律長谷川 浩西野 辰吉6月27日徳田球一伊藤 律六全協

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

伊藤律の関連情報