コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

徳田球一 とくだきゅういち

7件 の用語解説(徳田球一の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

徳田球一
とくだきゅういち

[生]1894.9.12. 沖縄,名護
[没]1953.10.14. 北京
社会運動家,日本共産党書記長。第七高等学校を中退後,1920年弁護士となり,日本社会主義同盟に加盟。 22年には,モスクワでの極東勤労者大会に出席,帰国後山川均,堺利彦らとともに日本共産党を結成し中央委員となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

とくだ‐きゅういち〔‐キウイチ〕【徳田球一】

[1894~1953]政治家。沖縄の生まれ。大正11年(1922)日本共産党の創立に参加。三・一五事件で検挙され18年間獄中にあり、第二次大戦後出獄して日本共産党を再建し、書記長に就任。昭和21年(1946)衆議院議員となるが、昭和25年(1950)のマッカーサー指令で公職追放にあい、地下に潜行し、北京で客死。著「獄中十八年」。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

徳田球一【とくだきゅういち】

政治家。沖縄生れ。日大卒。初め弁護士。1922年堺利彦,山川均(ひとし)らと日本共産党を創立。三・一五事件で逮捕され1945年10月まで18年間獄中にあった。出獄後,書記長として党再建に努め,1946年以後衆議院議員となったが,1950年マッカーサーの指令で追放され地下生活に入り,北京で病死。
→関連項目志賀義雄上海会議1月テーゼ27年テーゼプラカード事件宮本顕治

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

徳田球一 とくだ-きゅういち

1894-1953 大正-昭和時代の社会運動家,政治家。
明治27年9月12日生まれ。はじめ弁護士。大正11年堺利彦,山川均(ひとし)らと共産党を結成し中央委員。昭和3年三・一五事件で検挙され,20年出獄。書記長として共産党の再建につとめ,21年衆議院議員(当選3回)となる。25年マッカーサー指令で追放され,28年10月14日亡命先の北京で客死。59歳。沖縄県出身。日大卒。共著に「獄中十八年」。
【格言など】憲法よりメシだ(GHQが憲法草案を準備すると聞いて)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

とくだきゅういち【徳田球一】

1894‐1953(明治27‐昭和28)
日本共産党の指導者。沖縄県生れ。苦学して日大を卒業し,弁護士となった。1920年日本社会主義同盟結成に参加,21年山川均主宰の水曜会に参加する。22年モスクワの極東民族大会に出席,帰国後の7月,山川,堺利彦らと日本共産党創立に参画した。中央委員。23年第1次共産党事件で検挙される。24年解党決議後,党再建のためのビューローの一員となり,〈27年テーゼ〉作成に参加する。28年普選第1回総選挙で立候補したが落選。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

とくだきゅういち【徳田球一】

1894~1953) 政治家。沖縄県生まれ。日大卒。苦学して弁護士となり社会運動に参加。日本共産党創立に参画。三・一五事件で検挙され獄中18年。戦後、党を再建、書記長となったが、マッカーサーの指令で追放、地下活動に入り、北京で客死。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

徳田球一
とくだきゅういち
(1894―1953)

社会運動家、政治家。明治27年9月12日沖縄県に生まれる。幼少時から沖縄人の一人として内地人の教員や官吏などによる差別を経験するとともに、生家が貧しかったことから、青少年期には彼が学資を頼る親戚(しんせき)の間で差別的な待遇を受けた。鹿児島の第七高等学校中退後、郷里での代用教員などの職を経て1917年(大正6)に上京、苦学して日本大学専門部法律科(夜間)に学び、1920年に弁護士資格を取得した。苦学中に米騒動に参加し、山川均(やまかわひとし)のもとに出入りするようになる。1921年モスクワの極東民族大会に出席、1922年7月日本共産党の創立に参画した。翌1923年第一次共産党事件で逮捕されるが、同年末保釈出獄し、1924年の解党に際しては、将来の党再建に備えて設置された連絡のための委員会であるビューローの一員となった。1925年1月上海(シャンハイ)でコミンテルン代表と会談し、帰国後山川均と離れて党再建活動の中心となり、行動的な左翼指導者として若手活動家の信望を集めた。1927年(昭和2)にテーゼ作成のためモスクワに行き、翌1928年衆議院選挙に立候補するが、その直後三・一五事件で検挙された。その後18年間獄中で非転向を貫き、1945年(昭和20)10月に出獄して日本共産党を再建し書記長となる。1946年衆議院議員に当選した。徳田の扇動演説は、旧来の権威が崩壊した戦後状況を象徴するものであったが、党内における家父長的指導は党内民主主義を破壊した。1950年1月のコミンフォルム批判をきっかけに党の分裂が起こるが、同年6月のマッカーサー指令による追放後、徳田は多数派を率いて地下活動に入り、抗米武装闘争路線を推進、これによって党勢は急激に減退した。昭和28年10月14日北京(ペキン)で客死した。[赤澤史朗]
『理論社編集部編『徳田球一伝 惜しみなき献身』(1952・理論社) ▽『徳田球一全集』全6巻(1985~1986・五月書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の徳田球一の言及

【三・一五事件】より

…1926年12月再建された共産党は,金融恐慌下の労農争議や田中義一内閣の山東出兵に反対する対支非干渉運動を日本労働組合評議会(評議会),日本農民組合,労働農民党(労農党)などの合法組織をとおして闘いみずからの姿は秘匿していた。しかし27年12月の拡大中央委員会で,この年の7月に作成された綱領(27年テーゼ)を採択し,テーゼで指示された独自活動の方針にもとづいて工場内の組織づくりに着手し,翌28年2月には機関紙《赤旗》の創刊や第1回の普通選挙に徳田球一,山本懸蔵などの党員を労農党候補者として立てるなど新たな活動を開始していた。 共産党の動向を極秘裡に内偵をすすめていた警察当局は,3月15日未明を期して1道3府23県にわたって共産党員とその同調者と目される1568人を逮捕・勾留し,うち488人を治安維持法違反で起訴した。…

【食糧メーデー】より

…この呼びかけで大会が開かれ,大会議長に鈴木東民が選ばれ,デモに移った。途中,参加者代表徳田球一らは皇居に入って天皇に会見を求めた。参加者の一人松島松太郎はプラカードに〈詔書 国体はゴジされたぞ 朕はタラフク食ってるぞ ナンジ人民飢えて死ね ギョメイギョジ〉と書き,不敬罪で起訴された(第二審で免訴)。…

【生産管理闘争】より

…第2次大戦後の日本においても,〈生産管理〉を単なる争議戦術と考えるか,あるいはそれ以上の意義をもつものと考えるかについては,労働者政党内部において意見の相違がみられた。(1)まず徳田球一(《赤旗》1945年11月7日)は,〈労働者による産業管理〉について,〈死にする困窮から脱する〉ために,〈資本家の(生産)サボを克服する〉ために,不可避な方法であると主張する。(2)これに対して袴田里見(《赤旗》同前)は,横断的産業別組合結成への過渡的組織としての〈工場委員会〉が追求すべき〈任務〉は,〈工場管理に参加〉することにあるとし,〈工場管理を行ふ〉ことは〈一時的〉なもので〈常道ではない〉とした。…

【日本共産党】より

…このころ,ロシア革命の成果を吸収した堺利彦山川均らによるマルクス=レーニン主義の普及とコミンテルンからの働きかけがあいまって,21年4月には堺,山川らが中心となって日本共産党準備委員会を組織し,〈日本共産党宣言〉と〈日本共産党規約〉を採択した。22年1月から2月にかけてコミンテルン主催の極東民族大会に,アメリカから入露した片山潜らとともに日本から徳田球一,高瀬清,吉田一らが参加したことが契機となり,同年7月15日,正式の創立大会がもたれ,堺利彦が委員長となった。発足した党は,同年11月のコミンテルン第4回大会でコミンテルン支部・日本共産党として承認された。…

【六全協】より

…しかしこの会議は,党内分裂状態のもとで進められ,平和的手段による革命の可能性を否定し,日本に植民地・従属国の革命路線を適用した〈51年綱領〉の影響下にあり,第7回大会にいたる過渡的な性格をもつものであった。また,この場で書記長徳田球一の死去(1953年10月)が公表された。【梅田 欽治】。…

※「徳田球一」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

徳田球一の関連キーワード森戸辰男赤神良譲伊串英治井藤半弥井之口政雄緒方貞代平貞蔵長谷川良信福武直山岸巳代蔵

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

徳田球一の関連情報