コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

集中排除法 シュウチュウハイジョホウ

世界大百科事典 第2版の解説

しゅうちゅうはいじょほう【集中排除法】

第2次世界大戦後,占領軍による経済民主化政策の一環として,1947年12月18日に公布施行され,55年7月25日に廃止された法律で,正確には過度経済力集中排除法という。初期占領政策では,特殊日本的な独占組織である財閥の解体と並行して,一般的な反独占政策が進められたが,将来における独占の復活を防止する目的で制定されたのが独占禁止法であるのに対して,既存の独占的大企業の分割を意図したのが本法である。当初,経済力集中排除法案として1947年10月9日に国会に提出されたが,日本の産業界ならびに占領政策の転換を背景としたアメリカ国内での批判が強く,国会審議は難航し,会期末日の12月9日,国会の時計を止め,原案の頭に〈過度〉の2字を加えてようやく成立した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

しゅうちゅうはいじょほう【集中排除法】

「過度経済力集中排除法」の略。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

集中排除法
しゅうちゅうはいじょほう

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

集中排除法の関連キーワード三菱マテリアル(株)王子ホールディングスサッポロビール[株]三菱マテリアル[株]アサヒビール[株]日本出版販売(株)アサヒビール(株)持株会社整理委員会サッポロライオン理研コンツェルン東芝タンガロイ日本製紙(株)王子製紙(株)トーハン(株)東洋製罐[株]三菱鉱業[株]日本製紙[株]三菱化学[株]本州製紙[株]三菱レイヨン

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

集中排除法の関連情報