伊藤正徳(読み)いとうせいとく

  • いとうまさのり
  • 伊藤正徳 いとう-まさのり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

[生]1889.10.18. 茨城水戸
[没]1962.4.21. 東京
ジャーナリスト。慶應義塾卒業後,『中央新聞』を経て 1913年に『時事新報入社特派員および海軍通の記者として名をあげ,編集局長。第2次世界大戦後は共同通信社の初代理事長,続いて日本新聞協会の初代理事長などを務めた。主著『大海軍を想う』 (1956) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

1889-1962 大正-昭和時代のジャーナリスト,軍事評論家。
明治22年10月18日生まれ。大正2年時事新報社にはいり,10年のワシントン軍縮会議で日英同盟の廃棄,四か国条約成立スクープ。昭和25年社長戦記シリーズをあらわし,36年菊池寛賞。共同通信社,日本新聞協会の初代理事長。昭和37年4月21日死去。72歳。茨城県出身。慶応義塾卒。著作に「連合艦隊の最後」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

1889‐1962(明治22‐昭和37)
ジャーナリスト,軍事評論家。茨城県出身。1913年慶大卒。《中央新聞》を経て《時事新報》に入り,海外特派員として,また海軍通の記者として名をあげる。とくに21年ワシントン軍縮会議における〈日英同盟の廃棄と4ヵ国条約の成立〉のスクープは有名。28年同編集局長,42年《中部日本新聞》編集局長。第2次世界大戦後は共同通信社,日本新聞協会各理事長,再興した《時事新報》社長,《産経時事》取締役主幹を歴任。《新聞生活二十年》(1933),《新聞五十年史》(1947),《連合艦隊の最後》(1956)などの著書がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android