コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊馬春部 いまはるべ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

伊馬春部
いまはるべ

[生]1908.5.30. 福岡
[没]1984.3.17. 東京
放送作家,劇作家。本名高崎英雄。國學院大學卒業後,1932年ムーラン・ルージュ文芸部員となり,伊馬鵜平の名で脚本を書く。 1940年 NHKテレビで放送された日本初のテレビドラマ台本『夕餉前』を執筆。第2次世界大戦後,伊馬春部と改名,NHKの嘱託となり,連続ラジオドラマ『向う三軒両隣り』 (1947~53) などで人気を得た。 1956年 NHK放送文化賞,1961年『国の東』で芸術祭奨励賞,1964年毎日芸術賞受賞。『桜桃の記』 (1967) など多くの戯曲も残している。折口信夫門下で民俗学の造詣も深く,歌人でもあった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊馬春部 いま-はるべ

1908-1984 昭和時代の劇作家。
明治41年5月30日生まれ。昭和7年ムーランルージュの文芸部にはいり,伊馬鵜平の名で「桐の木横丁」などを発表。戦後NHK連続ラジオドラマ「向う三軒両隣り」(22-28年)をかいた。36年「国の東」で芸術祭奨励賞。39年毎日芸術賞。昭和59年3月17日死去。75歳。福岡県出身。国学院大卒。本名は高崎英雄。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

伊馬春部
いまはるべ
(1908―1984)

劇作家。福岡県生まれ。本名高崎英雄。国学院大学卒業。折口信夫(しのぶ)に師事。井伏鱒二(いぶせますじ)の知遇を得て、新宿ムーラン・ルージュの草創期より文芸部に在籍し、伊馬鵜平(うへい)の筆名で現代風刺の新感覚の喜劇を矢つぎばやに発表。代表作に『桐(きり)の木横丁』(1933)がある。1939年(昭和14)NHKの文芸課嘱託となり演出をも担当。第二次世界大戦後の代表作に連続ラジオドラマ『向う三軒両隣り』(1947~53)がある。[大木 靖]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の伊馬春部の言及

【軽演劇】より

…こうして軽演劇は,東京全域に客層を広げ,既成のマジメ演劇のパロディを試み,新宿ではサラリーマン,学生,文士などの客層をつかみ,浅草では労働者層のファンを獲得した。〈ムーラン〉の作家陣は,初期には吉行エイスケ(1906‐40),楢崎勤,竜胆寺雄(りゆうたんじゆう)らが参画,のちに伊馬鵜平(のち伊馬春部(いまはるべ)),斎藤豊吉,山田寿夫,穂積純太郎,小崎政房,横倉辰次,阿木翁助(あぎおうすけ)らが加わった。俳優では竹久千恵子,水町庸子,外崎恵美子,沢村い紀雄らが参加,伊馬の《桐の木横町》,阿木の《女中あい史》(《女工哀史》のもじり)など,軽いユーモアと皮肉をまじえたタッチで,劇中に世相を巧みに織りこんだ。…

【テレビドラマ】より

…フィルムで撮影・編集し放送するいわゆる〈テレビ映画〉と呼ばれているもの。
[テレビドラマの歴史]
 日本最初のテレビドラマは,1940年(昭和15)5月,東京の砧(きぬた)にあるNHK技術研究所の仮スタジオから,実験放送の一つとして放送された,伊馬鵜平(いまうへい)(のち伊馬春部(はるべ)と改名)作《夕餉前(ゆうげまえ)》であり,第2次世界大戦後初めての本格的なテレビドラマ《新婚アルバム》(1952)が誕生するまでには12年の年月がかかっている。本放送は53年からであり,アメリカのTVディレクターの指導を受けたり,アメリカのテレビ映画を参考にしたりして,テレビドラマ制作の基礎を作った。…

※「伊馬春部」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

伊馬春部の関連キーワード坂本 朝一霜川 遠志伊馬 春部昭和時代霜川遠志劇作家北条誠大木

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

伊馬春部の関連情報