コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

住まう スマウ

デジタル大辞泉の解説

すま・う〔すまふ〕【住まう】

[動ワ五(ハ四)]《動詞「す(住)む」の未然形+反復継続の助動詞「ふ」から》
住んでいる。住みつづける。「郊外に―・っている」
舞台で、俳優がすわる。座に就く。
「花道より政澄、上下衣装にて出て来たり、花道に―・ふ」〈伎・名歌徳〉
[可能]すまえる

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

すまう【住まう】

( 動五[四] )
〔「住む」に継続の助動詞「ふ」が付いたものから〕
住み続ける。暮らし続ける。 「片田舎に-・っている」 「年月をあだに契りて我や-・ひし/伊勢 21
(芝居の舞台で、登場人物が)すわりこむ。座を占める。 「玄関より二重へ廻り来て、両人宜しく-・ふ/歌舞伎・勧善懲悪覗機関」
[可能] すまえる

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

住まうの関連キーワード世界(the world)源氏物語/おもな登場人物ケネス フランプトン住まい・住い・住居山村与助(初代)勧善懲悪覗機関藤江 志津ビラコチャショインカ王(おう)春樹暮雲武家屋敷民族衣装シバ派安息日神仙説住する助動詞住居三清

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

住まうの関連情報