コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

住吉町遺跡 すみよしちょういせき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

住吉町遺跡
すみよしちょういせき

北海道函館市の南西部函館山のふもと,住吉町にある縄文時代早期の遺跡。明治期からすでに知られ,1929年に山内清男,伊東信雄らにより調査され,1950年北海道大学によって再度発掘された。土器は尖底で,サルボオなどの肋のある貝を押しつけて文様とした貝殻文をもっている。石器は石鏃石槍,石篦,石小刀,石錘石皿,すり石が出土している。 1950年の調査時には,炉跡と思われる箇所が発見されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

住吉町遺跡
すみよしちょういせき

北海道函館(はこだて)市の函館山南西麓(ろく)にある縄文時代早期の遺跡。明治時代から知られ、馬場脩(ばばおさむ)による報告もある。1929年(昭和4)山内清男(すがお)・伊東信雄によって調査され、当時、関東地方の三戸(みと)式土器などとともに日本最古の土器形式の一つと考えられていた。1950年(昭和25)には児玉作左衛門、大場利夫、市立函館博物館によって調査され、径1メートル前後、深さ60センチメートル前後の性格不明のピットが17基発見された。出土土器は貝殻圧痕文(あっこんもん)、貝殻条痕文、刺痕文、刻線文などが単独または複合して施文される。胎土には繊維は含まず、円錐(えんすい)形深鉢で、先端に乳頭状突起をもつ。石器は石鏃(せきぞく)、石槍(せきそう)、石小刀(いしこがたな)、石篦(いしべら)、石錘(せきすい)などがある。[野村 崇]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

住吉町遺跡の関連キーワード児玉作左衛門春日町遺跡函館(市)野村

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android