コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

住居の不可侵 じゅうきょのふかしん

6件 の用語解説(住居の不可侵の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

住居の不可侵
じゅうきょのふかしん

居住者の承認なしには捜索その他のため住居に侵入されることのない権利。ここに住居とは,ホテルや旅館の一室,店舗,事務所なども含むと解されている。プライバシー保護の一面をなす。日本国憲法は,現行犯および令状による逮捕の場合を除いて,司法官憲の発する各別の令状によるのでなければ住居に侵入されない旨保障している (35条) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

じゅうきょ‐の‐ふかしん〔ヂユウキヨ‐〕【住居の不可侵】

居住者の承諾なしに、その住居への侵入や捜索は許されないということ。基本的人権の一つで、憲法で保障されている。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

住居の不可侵【じゅうきょのふかしん】

居住者の承諾なしに官憲が私人の住居に入り,捜索することができないこと。自由権の一つ。住居への侵入・捜索は裁判官の発する令状によらなければならない(憲法35条)。
→関連項目住居侵入罪

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

じゅうきょのふかしん【住居の不可侵】

人の住居に他人がみだりに立ち入ることを禁じる法律上の原則。広い意味での住居の不可侵性は,ローマ法イギリス法で古くから認められていた。しかし,近代において,この原則は,とくに官憲による私人の住居への恣意的な侵入や捜索を禁じる憲法上の原則として理解されている。このような意味での住居の不可侵性は,18世紀のイギリスで確認され,アメリカ合衆国憲法に引き継がれた。日本国憲法も,原則として,裁判官が,正当な理由に基づいて,捜索の場所を明示して発付する各別の令状によらなければ,住居に侵入されたり捜索されたりしない権利を人々に保障している(35条)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

じゅうきょのふかしん【住居の不可侵】

憲法が保障する基本的人権の一。居住者の承諾等正当な理由なく、住居への立ち入りや捜索は許されないという原則。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

住居の不可侵
じゅうきょのふかしん

居住者の承諾なしに、その住居に侵入したり、捜索・押収してはならないということ。「各人の住居は各人の城である」とイギリスの古い法諺(ほうげん)にもあるように、このことは古くから私生活上の重要な権利とされてきた。いうまでもなく、私生活の場所に侵入、捜索がなされれば、私人は安穏な生活を送りえないわけで、私生活の幸福追求の見地から、立憲主義憲法にはかならずこのことが明記されている。明治憲法にも住居の不可侵が定められていた(25条)が、法律の留保という例外が認められていたので、不完全な保障にすぎなかった。これに対し、現行憲法は、現行犯、令状による逮捕の場合以外は、捜索場所を明示する個別の令状がなければ住居に侵入、捜索できず、書類・所持品の押収についても令状が必要とされ(35条)、例外的な権能の乱用によって私生活が侵されることのないように、厳格な要件が付された。そして現在は、個人のプライバシー権を保護するという見地から、本人の住まいだけでなく、会社、学校、事務所、旅館の客室なども住居に含まれると解釈されている。[池田政章]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

住居の不可侵の関連キーワード私事立ち入る・立入る討入る住居等侵入罪立入り立入る乱り髪割り入る土足で踏み込む標章制度

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

住居の不可侵の関連情報