コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐藤秀峰 さとうしゅうほう

1件 の用語解説(佐藤秀峰の意味・用語解説を検索)

知恵蔵の解説

佐藤秀峰

1973年生まれ、北海道出身のマンガ家。代表作に海上保安官、潜水士の活躍を描き、数度にわたりテレビドラマや映画化もされた『海猿』(原案・小森陽一)や、やはりテレビドラマ化された、研修医を主人公に大学病院や医療現場の現状を題材とした『ブラックジャックによろしく』、『新ブラックジャックによろしく』などがある。綿密な取材に基づいて、人の死生観にまで踏み込んだ人間ドラマのようなテーマ性を帯びた作風が特色。
講談社の「週刊モーニング」に連載されていた『ブラックジャックによろしく』は、2006年に長期休載後、小学館の「ビッグコミックスピリッツ」に移籍し『新ブラックジャックによろしく』として再開し、その経緯が注目されていた。09年に自身のブログで、これらの要因となる出版社との様々なあつれきや、原稿料や経費の実情などを次々に公開し話題になった。10年3月には雑誌や書籍によらないマンガの発表の場を求めて、インターネット上でマンガを出展・販売するサイト「漫画 on Web」をオープンし、これを運営する有限会社佐藤漫画製作所代表を務めている。
マンガの出版では大手数社による寡占化が進んでおり、作者と編集部とのトラブルが取りざたされることがしばしばあった。また、社会派の佐藤作品には、作者・アシスタント、原案のみならず、取材、資料収集などが必要で、作者と出版社編集部の共同作業に負うことが大きい。こうしたなかで、出版社編集部に対して原稿料の増額交渉の決裂や作品の無断2次使用、せりふの改変などで不信感が募り休載を余儀なくされた経緯や、原稿料が抑えられており経費を支払うと赤字になり、単行本が売れない限りは生活に事欠く台所事情などを公開した。時を前後して、他のマンガ家からも出版社に対する様々な苦言が散見された。このままでは、「漫画家のなり手がいなくなり、10年後、漫画はあるのでしょうか」と憂えた佐藤氏は、出版社を通じてしか作品を届けられない体制からの脱却を目指して、ネット上でのマンガの配信を開始した。大手出版社もマンガの有料配信を手掛けており、今後のマンガ配信や作者と出版社の関係などにも少なからぬ影響を与える可能性が示唆されている。

(金谷俊秀  ライター / 2011年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
知恵蔵について | 情報

佐藤秀峰の関連キーワードポセイドンあべ静江誠直也バビル2世自動車工業造船業中南米映画扶養義務惑星探査機文学賞

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

佐藤秀峰の関連情報