コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐野経彦 さの つねひこ

7件 の用語解説(佐野経彦の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

佐野経彦

筑前の人。神理教の創始者。本姓巫部・明星・徳力。通称左吉・右橘・卯吉。号桃舎。医を業とし、俳諧を妹尾木父に、国学を西田直養に学び著書数百部余を数える。明治37年(1904)歿、71才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐野経彦 さの-つねひこ

1834-1906 幕末-明治時代の宗教家。
天保(てんぽう)5年2月16日生まれ。西田直養(なおかい)に国学をまなぶ。また医学をまなび,皇国医道をとなえる。明治13年福岡県小倉に神理教会をおこす。はじめ神道本局,ついで御岳教に属し,27年独立し,神理教初代管長となった。明治39年10月16日死去。73歳。豊前(ぶぜん)企救郡(福岡県)出身。名ははじめ佐吉麿,右吉麿,右橘。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

佐野経彦

没年:明治39.10.16(1906)
生年:天保5.2.16(1834.3.25)
明治期の神道家,神理教の教祖。豊前国(福岡県)徳力生まれ。青年時代に国学や,医学を学び,皇国医道を唱導。維新前後から,家伝の教えをもとに,盛んに著作活動を行う。明治8(1875)年から翌年にかけて,霊告などの神秘的体験を得,人々を集めて講義を行うようになる。キリスト教の進出を恐れて,神道教化を強く主張。ニコライを訪ね,問答したこともある。明治13年に神理教会を小倉に設立。同27年に,神理教が一派独立すると初代管長に就任,精力的な布教活動を続ける。<著作>『神理図図解』『本教神理図解』『天津皇産霊考』<参考文献>井上順孝『教派神道の形成』

(井上順孝)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

さのつねひこ【佐野経彦】

1834‐1906(天保5‐明治39)
幕末・明治期の神道家。豊前国企救郡徳力村に生まれ,西田直養(なおかい)門で神道,国学,歌道を学ぶ。医学を志したが勤王の志士となり,1879年神道教導職として大教宣布に従事,饒速日命(にぎはやひのみこと)以来の遺法と称する神道行事を再興した。80年神理教会を創立,94年神理教を開教し初代管長に就任。鎮歌,神楽,禁厭を尊重し,古礼を重視するとともに,いけばな,茶道,俳諧を振興,角力(すもう)を奨励した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

さのつねひこ【佐野経彦】

1834~1906) 明治期の神道家。豊前の人。饒速日命にぎはやひのみことを高祖と仰ぐ神理教を開教。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

佐野経彦
さのつねひこ

[生]天保5(1834).2.16. 豊前,企救
[没]1906.10.16.
明治の神理教教祖。西田直養 (なおかい) に学び,高杉晋作平野国臣らと交わり,国事に奔走した。 1876年在天諸神の神命を受け,80年神理教会を設立。著書『古史本義』『有神弁』『神理階梯』『天津皇産霊考』『本教神理図』など。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

佐野経彦
さのつねひこ
(1834―1906)

幕末・明治期の宗教家。神理教の教祖。天保(てんぽう)5年豊前(ぶぜん)国(福岡県)徳力(とくりき)に佐野経勝(つねかつ)の長男として生まれる。青年時代に国学と医学を学び、明治維新後宗教家として活動を始める。盛んに書を著して各方面に献本するかたわら、1879年(明治12)教導職を務め、80年には神理教会を小倉(こくら)に設立。北九州を中心として各地に巡教、しだいに信者を増した。94年神理教が御嶽(おんたけ)教から一派独立すると、その初代管長に就任した。家伝の教え、また禁厭(きんえん)、占いなどをもって布教・教化活動の手段とした。『神理図図解』など多数の著書がある。[井上順孝]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の佐野経彦の言及

【産土神】より

…産土神信仰を重視した平田派国学者には,この語を神学的に解釈する者が多い。六人部是香が産須那を産為根(うぶすね)として万物を産む根本の意に解し(《産須那社古伝抄広義》),また佐野経彦が,産為根はウブスニという語がウヂ(氏)という語に約したものと同義で,産土神は氏神のことだと説いている(《宇夫須那神考》)。そのほかに,産砂とあて梅宮神社の砂を出産の守りとするところから出たとする解釈(《神道名目類聚抄》)や,〈産住場(うぶすにわ)にて,産出てやがて住場なればにや〉(《神祇称号考》)とするものもある。…

※「佐野経彦」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

佐野経彦の関連キーワード卜部兼倶宍野半神理教橘三喜新田邦光飯田岩治郎忌部坦斎神崎一作田中義能村越鉄善

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone