コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御嶽教 オンタケキョウ

デジタル大辞泉の解説

おんたけ‐きょう〔‐ケウ〕【御嶽教】

教派神道の一。自然宗教的な山岳信仰から出発、下山応助により組織化され、明治15年(1882)神道大成派から独立。神仏習合的で、木曽御嶽山を崇拝し、御嶽大神(国常立尊(くにのとこたちのみこと)大己貴命(おおなむちのみこと)少彦名命(すくなびこなのみこと))を祭る。「みたけきょう」と称した時期もある。

みたけ‐きょう〔‐ケウ〕【×嶽教】

おんたけきょう

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

御嶽教【おんたけきょう】

〈みたけきょう〉とも。教派神道十三派の一つ。江戸時代に江戸浅草の下山応助(おうすけ)が木曾御岳山をあがめる御嶽講(おんたけこう)社を組織したのに起こる。1882年一派として公認された。
→関連項目御嶽山

御嶽教【みたけきょう】

御嶽教(おんたけきょう)

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

御嶽教
おんたけきょう

山岳信仰を中心とする神道(しんとう)教団。旧教派神道神道十三派の一つ。近世に広まっていた木曽(きそ)の御嶽信仰を基盤とし、明治初期の宗教政策の影響を強く受けながら形成された。このとき多数の御嶽講の団結、組織化に尽力したのは下山応助(しもやまおうすけ)であったが、彼は教団結成前に行方不明となったため、平山省斎(せいさい)(1815―1890)を初代管長として1882年(明治15)9月、一時所属していた神道大成(たいせい)派より独立し、神道御嶽派と称した。同年11月神道御嶽教と改称、第二次世界大戦後は御嶽教と称する。御嶽大神(国常立尊(くにとこたちのみこと)、大己貴命(おおなむちのみこと)、少彦名命(すくなひこなのみこと))を崇拝対象としている。第二次世界大戦後、教義がまとめられ、「御嶽教七五三(なごみ)の教え」が教典となる。長野県木曽郡木曽町に山の本部、奈良市大渕町に里の本部がある。教会数344、布教所数45、教師数1313、信者数7万1350(『宗教年鑑』平成26年版)。[井上順孝]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

御嶽教の関連キーワード御嶽教・御岳教金田 徳光御嶽信仰鴻 雪年大己貴命佐野経彦国常立尊鴻雪爪神理教

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

御嶽教の関連情報