コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

侘びる ワビル

デジタル大辞泉の解説

わ・びる【×侘びる】

[動バ上一][文]わ・ぶ[バ上二]
さびしく思う。心細がる。「独り暮らしを―・びる」
「人―・びて淋しき宵を」〈漱石虞美人草
「つれづれ―・ぶる人はいかなる心ならん」〈徒然・七五〉
落ちぶれてみすぼらしいさまになる。
「―・びた荒壁の塀の屋根の」〈谷崎蓼喰ふ虫
「古へは奢(おご)れりしかど―・びぬれば舎人(とねり)が衣も今は着つべし」〈拾遺・物名〉
さびしく落ち着いた趣がある。「―・びた鄙歌(ひなうた)」
「北野の大茶会では、同じように―・びた構えが」〈野上・秀吉と利休〉
(動詞の連用形に付いて)なかなかある動作・行為をしきれなくて困る。そうする気力が失せる。…しかねる。「待ち―・びる」「恋い―・びる」
あれこれと思いわずらう。悲観して嘆く。思い悩む。
「山高み人もすさめぬ桜花いたくな―・びそ我見はやさむ」〈古今・春上〉
困ったようすをする。迷惑に思う。
「にはかにと、―・ぶれど、人も聞き入れず」〈・帚木〉
閑寂な境地を楽しむ。「―・びてすめ月侘斎がなら茶歌/芭蕉」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

わびる【侘びる】

( 動上一 ) [文] バ上二 わ・ぶ
思いどおりにならなくて落胆する。嘆く。悲観する。 「五条わたりなりける女をえ得ずなりにけることと、-・びたりける/伊勢 26
困惑する。迷惑がる。 「この人の供なる者どもは-・びぬにやあらむ/枕草子 179
淋しく思う。心細がる。 「須磨の浦に藻塩たれつつ-・ぶとこたへよ/古今 雑下
失意の生活を送る。貧しく暮らす。 「時を失ひ世に-・び/古今 仮名序
困り切って嘆願する。 「ただゆるし給はらん、と-・びければ/宇治拾遺 11
世俗を離れて静かに暮らす。閑静な暮らしを楽しむ。 「この須磨の浦に心あらん人は、わざとも-・びてこそ住むべけれ/謡曲・松風」
動詞の連用形の下に付いて、それをし続ける気力がなくなる意を表す。…しかねる。 「待ち-・びる」
[表記] わびる(侘・詫
「侘びる」は“気力がなくなる。…あぐねる”の意。現代語では多く動詞の連用形の下に付く。「待ち侘びる」「思い侘びる」  「詫びる」は“あやまる。謝罪する”の意。「失礼を詫びる」「無沙汰を詫びる」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

侘びるの関連キーワードわやくや侘しい詫びる鄙歌侘び