コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

供出制度 きょうしゅつせいど

2件 の用語解説(供出制度の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

供出制度【きょうしゅつせいど】

米,麦等の主要食糧について,農家の自家消費用以外は政府の定める条件で強制的に政府に売り渡す制度。1940年に応急的に始まり,1942年の食糧管理法で体系化。戦後,食糧事情の好転に伴い,芋・雑穀・麦類が次々とこの制度からはずされ,1955年度からは米も生産者が収穫前に政府に売渡予定数量を申し込む予約売渡制に移行した。
→関連項目米穀配給制度

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

供出制度
きょうしゅつせいど

食糧管理制度の下で、1942年(昭和17)から54年にかけて行われた、農民から米麦、雑穀、いも類などの主要食糧の一定量を、政府が決めた価格で、強制的に政府が買い上げる方式。戦中・戦後の食糧不足時代の食管制度は、主食を国家が直接に管理・統制して、消費者に一定量の主食を公平に配給することを目的としていた。その配給量を確保するために、国が農民から一定量の主食を集荷する必要があり、非常事態の下でそれを強制的に行ったのが供出制度である。
 農民にとっての供出制度の主要問題点は、その供出量と供出価格であった。供出量は農家の自家消費分を除いた全量がたてまえであったが、戦時中は供出優先で、自家消費量は厳しく査定され、自家飯米分まで供出した農家への還元配給方式もとられた。また1944年産米からは、収穫前に供出量を割り当てる事前割当制が採用され、いっそう必要量確保が優先された。
 戦後、戦時的強制力を失った供出制度は危機に陥った。闇(やみ)流通が拡大し、農民の供出意欲も弛緩(しかん)した。新しい強権的供出制度は占領軍の権力をバックとして再編成されたが(ジープ供出)、一方では経済的利益(物資の特別配給、各種奨励金)による供出促進策がとられた。とくに超過供出奨励金が大きくなり、1949年産米では基本供出価格と同額にまでなった。供出確保の困難は一つには供出価格が低かったためであり、奨励金の形でそれを補わざるをえなかったのである。
 1948年ごろから食糧事情の好転に伴って、主食統制はしだいに廃止され、52年以後は米だけに供出制度が残された。しかし米の供出もますます強権から経済ベースによる集荷になり、供出割当ても事後割当てに戻った。供出問題の中心は、各府県がいかに割当量を減らすかという政治折衝になり、供出量も大幅に減らされた。55年産米からは供出割当てにかわって予約売渡制度が実施されるに至り、強権的集荷としての供出制度は終わったのである。[持田恵三]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

供出制度の関連キーワード兼業農家自家受粉食糧食糧管理制度食糧庁専業農家食糧法食糧管理法褻稲食糧制度

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone