コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

信太森 しのだのもり

世界大百科事典 第2版の解説

しのだのもり【信太森】

歌枕。大阪府和泉市にある。昔の和泉国和泉郡信太郷の地で,《古今六帖》に〈和泉なる信太の森の(くす)の木の千枝(ちえ)に別れて物をこそ思へ〉と詠まれる〈千枝の楠〉を中心にした森が信太森である。樹下に信太森神社がある。歌枕としては楠とともに詠ぜられたが,葛(くず)に転じた作が《新古今集》にみえる。この森に住む白狐が葛の葉なる美女に姿を変えて安倍保名と結婚し,陰陽師安倍晴明を生んだという伝説が浄瑠璃とともに世間に広がり,この森を著名にした。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

信太森の関連キーワード大阪府和泉市葛の葉町芦屋道満大内鑑

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android