コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

信太森 しのだのもり

1件 の用語解説(信太森の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

しのだのもり【信太森】

歌枕。大阪府和泉市にある。昔の和泉国和泉郡信太郷の地で,《古今六帖》に〈和泉なる信太の森の楠(くす)の木の千枝(ちえ)に別れて物をこそ思へ〉と詠まれる〈千枝の楠〉を中心にした森が信太森である。樹下に信太森神社がある。歌枕としては楠とともに詠ぜられたが,葛(くず)に転じた作が《新古今集》にみえる。この森に住む白狐が葛の葉なる美女に姿を変えて安倍保名と結婚し,陰陽師安倍晴明を生んだという伝説が浄瑠璃とともに世間に広がり,この森を著名にした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

信太森の関連キーワード和泉市和泉山脈金剛生駒紀泉国定公園信太桃山学院大学金剛生駒国定公園和泉石信太の森茅渟いずみ山愛の里

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

信太森の関連情報