信太森(読み)しのだのもり

世界大百科事典 第2版の解説

しのだのもり【信太森】

歌枕。大阪府和泉市にある。昔の和泉国和泉郡信太郷の地で,《古今六帖》に〈和泉なる信太の森(くす)の木の千枝(ちえ)に別れて物をこそ思へ〉と詠まれる〈千枝の楠〉を中心にした森が信太森である。樹下に信太森神社がある。歌枕としては楠とともに詠ぜられたが,(くず)に転じた作が《新古今集》にみえる。この森に住む白狐が葛の葉なる美女に姿を変えて安倍保名と結婚し,陰陽師安倍晴明を生んだという伝説が浄瑠璃とともに世間に広がり,この森を著名にした。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アラビックヤマト

ヤマト株式会社の液状のりのブランド名。1975年発売。スポンジキャップと速乾性が特徴。スタンダードのほか、先がカーブしている「エル」、太・細塗りが出来る「ツイン」、スポンジ部分を下にして置ける「さかだ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android