不倫(読み)フリン

デジタル大辞泉「不倫」の解説

ふ‐りん【不倫】

[名・形動](スル)道徳にはずれること。特に、配偶者以外と肉体関係をもつこと。また、そのさま。「不倫な関係」「不倫の末路」
[補説] 
2018年5月に実施した「あなたの言葉を辞書に載せよう。2018」キャンペーンでの「不」への投稿から選ばれた優秀作品。

◆既婚者が異性間のことで、パートナーに説明できない関係を持つこと。
こもさん

◆よく「恋愛」の対義語のように考えられるが、当事者にとっては紛うことなき「恋愛」そのもの。
ぼくちんさん

◆一般的には“してはいけない”こと。
ぱべをさん

◆一夫一婦制から生じる倫理と本能の齟齬。
カルミトさん

◆家族との縁をかけた、かくれんぼ。
ipadさん

◆ホテル・旅館の、重要な収入源の一つ。
Ami_rさん

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「不倫」の解説

ふ‐りん【不倫】

〘名〙 (形動) 不道徳であること。特に、不道徳な男女関係にいう。また、そのさま。
※正直者(1903)〈国木田独歩〉「何故父は、さる不倫(フリン)なことをして居たかといふ理由は」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android