(読み)サイ

デジタル大辞泉 「債」の意味・読み・例文・類語

さい【債】[漢字項目]

常用漢字] [音]サイ(漢)
借りがあること。負い目。借金。「債券債務負債
貸しを取り立てること。「債鬼債権
「債券」の略。「外債起債国債社債

さい【債】

返さなければならない金品。また、金品を借りた負い目。借金。借財。「債を負う」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「債」の意味・読み・例文・類語

さい【債】

  1. 〘 名詞 〙
  2. 他人から金品を借りた負い目。借金。負債。
    1. [初出の実例]「嘗て債(〈注〉カケ)を負ひ、償ふこと能はずして、家中の物を搶奪せられしが」(出典:西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉六)
    2. [その他の文献]〔史記‐孟嘗君伝〕
  3. すべて、済まし果たすべき義務あるもの。かり。〔白居易‐晩春欲攜酒尋沈四著作先以六韻寄之詩〕

もの‐の‐かい‥かひ【債】

  1. 〘 連語 〙 金銭などを借りて、償わなければならないもの。負債。借財。
    1. [初出の実例]「凡そ債(モノノカヒ)(おへ)る者(もの)、乙酉年より以前の物は、利(このしろ)(と)ること莫」(出典日本書紀(720)持統元年七月(北野本訓))

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

選挙公営

国または地方公共団体が個々の候補者の選挙費用の一部または全額を負担すること。選挙に金がかかりすぎ,政治腐敗の原因になっていることや,候補者の個人的な財力によって選挙に不公平が生じないようにという目的で...

選挙公営の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android