コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

傾向文学 けいこうぶんがく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

傾向文学
けいこうぶんがく

ドイツの Tendenzdichtungにならった用語で,作者が作品を通じて宗教,道徳,政治もしくは社会上の特定の立場,傾向についての自己の主張を表明し,これによって読者を誘導しようとする場合にいう。純文学に対する宣伝文学ともいえる。いわゆるプロレタリア文学などその一例。「問題小説」もこれに分類されることが多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

傾向文学【けいこうぶんがく】

文芸用語。政治的,社会的,道徳的主張の濃厚に現れた文学作品。明治前期の政治小説,昭和前期のプロレタリア文学の一部などにみられる。文学を宣伝のための手段とみなしており,芸術性に欠けるという意味でこの言葉が使われることが多い。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

けいこうぶんがく【傾向文学】

特定の主義・主張を宣伝する手段として書かれた文学。主に、社会主義文学をいう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

傾向文学の関連キーワード社会主義文学戦争文学

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android