コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

兜沼 かぶとぬま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

兜沼
かぶとぬま

北海道北部,天塩平野北部にある沼。面積 1.87km2。周囲 12km。最大深度 3m。豊富町にある泥炭地に囲まれた兜形の海跡湖。コイ,フナ,ワカサギなどが生息し,沼尻川および人工の排水路によりサロベツ川へ排水。湖岸には樹齢 1000年以上のオンコ (イチイ) の大木がある。利尻礼文サロベツ国立公園に含まれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

兜沼の関連キーワードサロベツ原野天北原野兜沼公園ワカサギ豊富町排水路イチイ泥炭地海跡湖沼尻川オンコフナ湖岸樹齢

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android