コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

入沢達吉 いりさわ たつきち

6件 の用語解説(入沢達吉の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

入沢達吉

医師・随筆家。新潟県生。入沢恭平の長男。東大教授・宮内省侍医頭。昭和13年(1938)歿、73才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

入沢達吉 いりさわ-たつきち

1865-1938 明治-昭和時代前期の内科学者,医史学者。
元治(げんじ)2年1月5日生まれ。入沢恭平の長男。ドイツ留学後,明治34年東京帝大教授となり,のち医学部長。日本内科学会会頭。宮内省侍医頭兼侍医。医学教育の確立につとめ,日本医史学会の創設につくした。昭和13年11月8日死去。74歳。越後(えちご)(新潟県)出身。帝国大学卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

いりさわたつきち【入沢達吉】

1865‐1938(慶応1‐昭和13)
内科学者。雪荘と号する。新潟県生れ。父恭平は藩医。東大卒。ベルツに就き内科学を学び,ドイツに留学したのち,宮内省侍医局勤務,足尾銅山鉱毒事件に委員として参画,1895年東大助教授,1901年ベルツ退職のあとを受けて教授となり,入沢内科を創始・主宰すること24年に及び,日本内科学の確立に貢献した。その間医学部長にも就いた。米ぬかエキスが脚気に有効であることを発表するなど脚気に関連した広範な研究をはじめ,十二指腸虫感染経路追究などの寄生虫症についてのもの,レントゲン診断学応用,血色素測定法など,研究は内科学全般に及んだ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

いりさわたつきち【入沢達吉】

1865~1938) 医学者。新潟県生まれ。東大教授。ベルツに師事。寄生虫学や脚気の研究で貢献。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

入沢達吉
いりさわたつきち

[生]元治2(1865).1.5. 新潟
[没]1938.11.8. 東京
内科学者。 1889年帝国大学医科大学卒業後,内科学教室に入り,E.ベルツに師事。 1901年東京帝国大学医科大学の内科学第2講座の教授となった。内科学の権威で侍医頭もつとめた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

入沢達吉
いりさわたつきち
(1865―1938)

医学者。元治(げんじ)2年1月5日越後(えちご)国(新潟県)に藩医入沢恭平(きょうへい)(1831―1874)の長男として生まれた。叔父に池田謙斎(けんさい)(1841―1918、恭平の弟)がいる。1889年(明治22)帝国大学医科大学を卒業。内科教師ベルツの助手となる。1890年より1894年までドイツに留学、ストラスブール大学、ベルリン大学で内科学、病理学を学ぶ。帰国後、宮内省侍医となったが3か月で辞任し、東京、日本橋に内科診療所を開設した。1895年医科大学助教授、1901年(明治34)教授となる。1916年(大正5)欧米出張より帰国し、レントゲン診断学の確立に尽力した。1920年宮内省御用掛、翌1921年東京帝国大学医学部長となり、1924年医学部長辞任後、教授職のまま侍医頭となる。1925年東大名誉教授。寄生虫病学、脚気(かっけ)に関しての貢献は大きい。昭和13年11月8日没。[深瀬泰旦]
『入沢内科同窓会編・刊『入沢先生の演説と文章』(1932)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の入沢達吉の言及

【医学】より

…その後,この2人の軍医のほかに医学者や科学者がつぎつぎと来日して教壇に立ち,一方,この学校で学んだ卒業生のうち,教授候補に選ばれたものはつぎつぎとドイツへ国費留学させられ,帰国して,ドイツ人の先任者と交代した。1900年最後のドイツ人教師E.vonベルツが退任,入沢達吉が後をついだ時点で,全員が日本人教授によることになった。中央でのこのような動きに呼応して,地方でも,旧藩時代の医学教育施設を接収,外国人教師を雇って拡充に努めるところもあり,また,とくに地方住民の医療要求にこたえるために,国公立病院の設置も盛んで,1877年ころには,病院のない府県はほとんどなくなり,さらに増加していった。…

※「入沢達吉」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

入沢達吉の関連キーワード横井北泉間宮英宗丸投三代吉呉建土肥慶蔵三浦謹之助稲田竜吉東大雪荘新潟県立自然科学館瀬尾雄三

今日のキーワード

パラリンピック

障害者スポーツ最高峰の大会。国際パラリンピック委員会(IPC : International Paralympic Committee)が主催している。もう1つのオリンピックという意味を表すparal...

続きを読む

コトバンク for iPhone