コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

全体社会 ぜんたいしゃかいtotal society

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

全体社会
ぜんたいしゃかい
total society

部分社会や集団,制度の要素的関連によって形成された,相対的に総合的な一定の統一体のことをいう。全体社会を示す一応の目安は,それが相対的に完全な自足的な生活圏をもっていること,またこれが生活圏を秩序づける最高度の組織によって,その統一体を自主的なものとして維持しているということにみられる。こうした全体社会は,歴史的にその形態が変化するものであるが,全体社会の成立はこれを成立させる基礎的集団と,これに対応した統制的な派生的集団との相互的制約によって決定されるものと考えられている。文明社会を対象とした場合,こうした全体社会の成立を決定するものとして重要なものは,基礎的集団として最大の単位をなす民族と,派生的集団として最高の単位をなす国家であって,この意味において,全体社会は簡単にいえば,民族と国家との相互的な制約によって成立するものと考えられている。つまり,民族国家や国民社会を全体社会としてとらえることが多い。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

全体社会
ぜんたいしゃかい
total society

家族、地域社会、学校、企業、組合など、さまざまな集団や組織をその構成部分として包み込み、より大きなまとまりをなしている社会。しかもその社会は、内部的に一定の自足的な統一性をもつとともに、外部に対しては自立性をもっていて、内部の成員の間に共通の共属意識があるとともに、外部からはそれ自体一定の輪郭をもった独立した集合体とみなされる。これに対して、その構成部分をなす諸集団・諸組織は部分社会とよばれる。したがって全体社会は、個々の部分社会をサブシステムとして成り立っている全体システムということができる。
 全体社会の具体的イメージとしては、国家に枠づけられた国民社会をまず想定することができるが、それに限られてはいない。近代以前の社会にあっては部族社会や古代都市、中世都市なども全体社会としてとらえることが可能であるし、今日では国境を越えた広範な地域を全体社会として把握したほうが、諸現象をよりよく理解できることもある。[石川晃弘]
『高田保馬著『改訂社会学概論』(1950・岩波書店) ▽R・M・マッキーヴァー著、中久郎・松本通晴監訳『コミュニティ』(1975・ミネルヴァ書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の全体社会の言及

【社会】より

…ここでは,広く用いられる基本的な分類軸だけを示そう。
[全体社会]
 その内部で人間の必要とするすべての生活上の欲求が充足される社会。その意味で自足的な社会である。…

※「全体社会」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

全体社会の関連キーワードギンズバーグ(Morris Ginsberg)サブカルチャー構造(社会学)多元的国家論ギュルビッチ構造機能分析第一次集団福祉社会学社会的分業集団社会学政治的人間反社会集団親方・子方内婚・外婚経済社会学比較社会学理論社会学反体制運動社会的分化教育社会学

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

全体社会の関連情報