コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

全国産業復興法 ぜんこくさんぎょうふっこうほう

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

全国産業復興法
ぜんこくさんぎょうふっこうほう
National Industrial Recovery Act

アメリカ合衆国のニューディール政策における中核的法律。頭文字をとってNIRAともよばれる。1933年6月、第73議会の「最初の百日間」の最後の主要立法となった本法は、沈滞した工業の回復のために産業および労働者の組織化を認め、他方で失業救済の公共事業促進を図った。各産業分野ごとに公正競争規約をつくらせ、産出量や価格の調整など一種のカルテル化を認め、同時に賃金、労働時間の基準を定め、労働組合結成、団交権を認めた。2年後、州権侵害などで違憲判決を受け短命に終わったが、経済復興政策の中心として一定の役割を果たした。しかし、労働者への保証は不十分であり、また中小企業にも不利で、企業の独占化を助長した。[長沼秀世]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の全国産業復興法の言及

【NIRA】より

…全国産業復興法National Industrial Recovery Actの略称。アメリカ合衆国のニューディール政策の一環として,1933年6月に制定。…

※「全国産業復興法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android